ー 

BMWが変幻自在の新ボディカラー技術をiXのコンセプトカーで披露

Writer:大貫直次郎 

BMWが“色が変わる”新ボディカラー技術を採用したコンセプトモデルの「iXフロー」を発表。EVでは室内の温度調整に使う電力の削減効果もアリ

 独BMWは2022年1月5日(現地時間)、米国ラスベガスで開催されたCES2022において、“色が変わる”新しいボディカラー技術を採用するコンセプトカーの「iXフロー(iX Flow)」を発表した。

▲“色が変わる”新しいボディカラー技術を採用したコンセプトカーの「iXフロー(iX Flow)」

 新世代の電気自動車SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)であるiXが纏う新ボディカラー技術は、電子書籍リーダーなどに使われる「Eインク」をベースとする。まず、ボディ表面に特別なラッピングを施し、ここに電子インクのEインクを採用。携帯アプリを使って電気信号を送ると、電気泳動技術によって異なる色素が表面に現れ、濃淡および模様が変化して、ボディカラーが切り替わる仕組みだ。出展車はグレーからホワイトの間で彩っていたが、技術的には多様な色の導入が可能。また、携帯アプリだけではなく、室内からのスイッチ操作による変化も今後行えるようにするという。

▲ボディ表面に特別なラッピングを施し、ここに電子インクのEインクを採用。携帯アプリを使って電気信号を送ると、電気泳動技術によって異なる色素が表面に現れ、濃淡および模様が変化して、ボディカラーが切り替わる

 ボディカラーの変化は、EVにおいては室内の温度管理に使う電力の削減効果にもつながる。例えば、暑い日はボディカラーをホワイト系にして日光を反射し、一方で寒い日はダーク系に変えて熱を吸収して、室内の温度変化を抑制することが可能。その結果、一充電の航続距離を着実に伸ばすことができるのである。

▲出展車はグレーからホワイトの間で彩っていたが、技術的には多様な色の導入が可能という
▲Eインクを使えばホイール表面の色変化も楽しめる

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る