• TOP
  • メーカー直系ワークスチューン、ニスモが仕上げたノート・オーラNISMO&スカイライン400Rの刺激世界

 ー 

メーカー直系ワークスチューン、ニスモが仕上げたノート・オーラNISMO&スカイライン400Rの刺激世界

Writer:河村康彦 Photo:山上博也

ワークスチューン特集/NISMO ノート・オーラNISMO&スカイライン400 R 試乗記

日産ノート・オーラNISMOニスモパーツ装着車 オーラNISMOはeパワーの特質を生かした電動スポーツ ニスモパーツはレース経験を生かしたエアロを中心にラインアップ
日産ノート・オーラNISMOニスモパーツ装着車 オーラNISMOはeパワーの特質を生かした電動スポーツ ニスモパーツはレース経験を生かしたエアロを中心にラインアップ

オーラNISMOをよりスパイシーに演出

 ノート・オーラは、ワイドボディを採用したノートの上級版。伸びやかなプロポーションと、上質な室内の仕立てで人気が上昇中。走りも、駆動用バッテリーからの出力引き出し能力を高める技術で、電動車ならではといえる性能向上を果たした。

 そのオーラをベースにしたスペシャルモデルがニスモだ。補強や空力チューニングを施したボディをまとい、インテリア各部には一段とスポーティなコスメティックスを採用した。 メカニズム面は、パワーユニットを「レスポンス重視」にセッティング変更し、標準比で20mmのローダウンを図ったスポーツサスペンションと、専用チューニングされたスタビリティコントロールを組み込み、ひと際スポーツ性を高めた。

 試乗車は、モータースポーツ活動で得られた知見に基づき開発されたエアロパーツと、「1本当たりおよそ4kg」とされる大幅な軽量化を実現したアルミホイールを装着したスペシャル版。発電用1.2リッターエンジン(82ps/103Nm)とモーター(136ps/300Nm)のパワートレーンに変更はない。 エクステリアはスパイシーな印象。ニスモならではの赤い挿し色が入ったリップスポイラーがまず目をひく。それ以外でもサイドロアガーニッシュやピラーガーニッシュ、室内のシフトベースやパワーウィンドウスイッチパネルなど、各部に採用されたアイテムは、入念にデザインされたプロセスが実感できる仕上がり。レーシーなアルミホイールと相まって、クルマ好きの心を心地よく刺激する。

 走りも印象的。モーター駆動ならではの静かで右足に即応する加速と、路面とのコンタクト感が濃厚で、操舵に対して高いレスポンスが特徴のハンドリング感覚は、硬派でありながらも「走りの新時代」が感じられる仕上がりだった。

オーラNISMOは走りの機能を専用チューン モータースペックは136ps/300Nm
フロント回りはグリルガーニッシュ(8800円)とバンパーサイドガーニッシュ(1万9800円)を装着
ルーフエクステンションスポイラーは試作品 モータースポーツの知見を生かした造形
スポークアルミは標準比で1本当たり4kg軽量の鍛造LM・GT4S(7万9200円/本)
室内はシフトベースパネル(1万8700円)やPWスイッチパネル(4万700円)を交換 レッドカラーがホットな印象を高める
レカロ製スポーツシート(39万6000円)はメーカーopアイテム 素材は本革コンビ仕様 サポート性&座り心地抜群

スカイライン400Rをスポーツリセッティング! 大人の速さを表現

スカイライン400Rニスモパーツ装着車 400Rは405psを誇るFRスポーツ 低中速と高速域のターボ特性を変更するスポーツリセッティング(14万3000円)は大好評

 最新のスカイラインは、ハイブリッドモデルに「ハンズフリー」を実現したADAS機能を設定するとともに、セダンでありながら405psを叩き出す強心臓の400Rをラインアップ。圧倒的なパフォーマンスで「走りのブランド」の歴史と功績を知るユーザーの注目度を一挙に高めた。

 400Rを日本有数のチューナー、ニスモが見逃すはずはない。試乗車は、全国28拠点の「NISMOパフォーマンスセンター」で施行可能な「スポーツリセッティング・タイプ2」と名付けられたブースト圧アップや点火時期変更のメニューが施され、スポーツチタンマフラーを装着。さらにダウンフォース増大を目的としたフロントスポイラーでエアロチューンされていた。

 エンジンは一段とパワフル&スポーティ。3リッター・V6ツインターボが生み出す405ps/475Nmのスペックに変化はないが、セッティングはニスモスペシャル。どこからアクセルを踏んでも、一瞬にしてパワーがあふれる。低中回転域でのフレキシブルさと高回転域にかけての伸び感は「天下無敵」という印象。「純正比約50%」をうたう軽量構造のマフラーが放つサウンドも、スポーツ派ドライバーを満足させる。

フロントアンダースポイラー(16万9400円)はCd値はそのままにダウンフォース増大
スポーツチタンマフラー(43万7800円)は純正比約50%軽量な設計 音も絶品
スポーツリセッティングは全国28カ所のNISMOパフォーマンスセンターが対応 405ps/400Nmが実感できるセッティング

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る