• TOP
  • 三菱自動車が東京オートサロン2022に出展する新型軽EVとラリーアートのコンセプトカーの先行画像を公開

 ー 

三菱自動車が東京オートサロン2022に出展する新型軽EVとラリーアートのコンセプトカーの先行画像を公開

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車が東京オートサロン2022の出展モデルを発表。2022年度初頭の発売を予定する新型軽EVのコンセプトカー「K-EVコンセプト Xスタイル」や新しいラリーアートの可能性を表現した「ヴィジョン ラリーアート コンセプト」など7モデルを披露

 三菱自動車は2022年1月11日、2022年1月14日~16日に幕張メッセで開催される東京オートサロン2022での出展モデルの概要を発表した。
「次の時代の、次の冒険を。」をテーマにブースを構える三菱自動車は、電動車とSUVを中心に、環境に配慮しながらアクティブなカーライフを楽しめるコンセプトカーとカスタムカーを7台展示する。

▲2022年度初頭の発売を予定する新型軽EVのコンセプトカー「K-EVコンセプト Xスタイル」を世界初公開

 まず、2022年度初頭の発売を予定する新型軽EVのコンセプトカー「K-EVコンセプト Xスタイル(K-EV concept X Style)」を世界初公開。取り回しがよく運転しやすい軽自動車の魅力と、滑らかで力強く気持ちのよい加速と静かで上質な乗り心地という電気自動車の魅力に、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を加えた、環境に配慮した安心・安全で快適な三菱自動車らしい新世代の軽EVに仕立てている。エクステリアは、アクティブなSUVテイストのスタイリングに、クリーンかつソリッドなイメージのマットブルーのボディ色と、電気自動車のモーターコイルをイメージしたカッパーのルーフ色の2トーンカラーを採用し、さらにフロントバンパーやボディサイド、リアゲートには“X”のロゴを貼付。この“X”は、軽ハイトワゴンにSUVテイストのスタイリングを掛け合わせたこと、さらにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴している。

▲新しいラリーアートの可能性を表現したコンセプトカーの「ヴィジョン ラリーアート コンセプト」を世界初公開

 次に、三菱自動車のエンジニアリング技術とクルマづくりにかける情熱を結集し、プレミアムで圧倒的な存在感のスタイリングとすることで、新しいラリーアートの可能性を表現したコンセプトカーの「ヴィジョン ラリーアート コンセプト(Vision Ralliart Concept)」を世界初公開。エクステリアは、重厚感があり機能美を感じさせる前後バンパーと大きく張り出した前後オーバーフェンダーによってボリュームのある筋肉質で力強いフォルムを具現化し、合わせてラジエーターシャッター付きのフロントグリルとレーシーな印象を与える大型リアディフューザーによってスポーティさを際立たせる。また、ボディカラーは光の当たり方によってブルーのハイライトが浮かび上がる特殊な加工を施したマットブラックを採用。見る角度によって多面的で奥深い表情を見せ、プレミアムな印象を醸し出す。一方、走行性能の面ではワイドトレッドとして22インチの大径ホイール&タイヤを装着。さらに、強力なモータートルクに見合った制動性能を発揮する大径ブレーキディスクと対向6ポットキャリパーを組み込み、“走る”“曲がる”“止まる”のレベルを一段と高めている。

▲ラリーアートのアクセサリーを豊富に採用した「アウトランダー ラリーアート スタイル」(写真・上)と「エクリプス クロス ラリーアート スタイル」(同・下)を出展

 既存モデルのカスタマイズカーも要注目だ。
 アウトランダーとエクリプス クロスでは、ラリーアートのアクセサリーを豊富に採用した「アウトランダー ラリーアート スタイル(Ralliart Style)」と「エクリプス クロス ラリーアート スタイル」を出展。ボディカラーは上質で高輝度なホワイトダイヤモンドで彩り、フロント/サイド/リアのガーニッシュやテールゲートスポイラーにレッドのアクセントカラーを付加する。また、“Ralliart”ロゴ入りのサイドデカールとマッドフラップを装着し、ラリーアートの走りにかける情熱を表現。足もとには、ブラック塗装の精悍なアルミホイールを組み込んだ。

▲三菱自動車の純正アクセサリーと老舗アウトドアブランドogawaとのコラボレーションにより、アウトドアレジャーを満喫できるモデルに仕立てた「アウトランダー ワイルド アドベンチャー スタイル」

 アウトランダーではもう1台、三菱自動車の純正アクセサリーと老舗アウトドアブランドogawaとのコラボレーションにより、アウトドアレジャーを満喫できる仕様に仕立てた「アウトランダー ワイルド アドベンチャー スタイル(Wild Adventure Style)」を披露する。ボディカラーには、光の当たり方によって多彩な輝きを放つブラックダイヤモンドを採用。また、フロント/サイド/リアのガーニッシュとリアスポイラーを組み込んでスポーティな装いとし、さらにサイドバー/リアバンパープロテクター/マッドガードによってSUVらしいタフさを際立たせる。そして、ベースキャリアやトレーラーヒッチメンバー、ogawaとコラボした純正アクセサリーのキャンプ用品を装備して、ワイルドなキャンプスタイルを創出した。

▲アフターパーツメーカーの多彩なアイテムとラリーアートのアクセサリーを装着してタフさを強調したオフロード志向の「デリカD:5 タフ バイ タフ」

 デリカD:5では、アフターパーツメーカーの多彩なアイテムとラリーアートのアクセサリーを装着してタフさを強調したオフロード志向の「デリカD:5 タフ バイ タフ(Tough×Tough)」をひな壇に上げる。エクステリアでは、ブラックマイカのボディカラーにマットブラックのフロントグリルとフェンダーガーニッシュを装着して精悍なルックスを演出。また、ラリーアートのアクセサリーであるレッドのドアミラーとフォグランプガーニッシュをアクセントとして装備した。さらに、ショックアブソーバーとスプリングを換装してリフトアップさせ、合わせて16インチのアルミホイール&オールテレーンタイヤを組み込んで足もとの存在感を強調。タフなオフロードスタイルを表現するフロントガードやリアガード、マッドフラップといったアイテムの装着も印象的だ。一方、インテリアには2~3列目をフルフラットにするベッドキットや、クルマでテント泊ができるルーフラック&テントなどを設定。スタイリングとともに、アクティブでタフなオフロード&キャンプスタイルを創出している。

▲快適性と利便性を兼ね備えたアクティブなビジネス&レジャースタイルの提案モデル「ミニキャブ・ミーブB-レジャー スタイル」

 軽商用EVのミニキャブ・ミーブでは、平日は移動式オフィスとして、休日はソロキャンプの基地として活用できる、EVならではの給電機能を組み込んだ「ミニキャブ・ミーブB-レジャー スタイル(B-Leisure Style)」を提案する。エクステリアは、森林やキャンプ場をイメージさせるモスグリーンのボディ色とアイボリーのルーフ色の2トーンカラーでアレンジし、合わせてボディサイドにEVを象徴する電源プラグ、使い方をイメージさせるテントやデスクのデカールをあしらい、その世界観を表現。また、リアスペースをフルフラットとして居住性を高め、ビジネス装備としてテレワークに必要なテーブルや座椅子、ラグマットなどを、レジャー装備としてカーサイドタープやテーブル、ソファなどのキャンプ用品を採用した。さらに、駆動用バッテリーの電力を利用できる装置「ミーブ・パワーボックス」を活用することで、電気ケトルやコーヒーメーカー、パソコンなどの電化製品を屋外でも使用可能とし、快適性と利便性を兼ね備えたアクティブなビジネス&レジャースタイルを構築している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る