ー 

レンジローバースポーツSVRに特別限定車の「JAPAN SV EDITION」と「CARBON+」を設定

Writer:大貫直次郎 

ランドローバー史上最もパワフルなレンジローバースポーツSVRをベースとする特別仕様車の「JAPAN SV EDITION」と「CARBON+」が日本上陸。販売台数はJAPAN SV EDITIONが25台、CARBON+が6台の限定

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2022年1月11日、4999cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンスーパーチャージドエンジン(575ps/700Nm)を搭載するランドローバー史上最もパワフルなレンジローバースポーツSVRをベースとする特別限定モデルの「JAPAN SV EDITION(ジャパンSVエディション)」と「CARBON+(カーボン+)」を設定し、同日より予約受注を開始した。

▲レンジローバースポーツSVR JAPAN SV EDITION 価格:8SAT2165万円 全長4880×全幅2020×全高1800mm ホイールベース2920㎜ 乗車定員5名 写真のボディカラーはロランジュで、販売台数は8台限定

車両価格および販売台数は以下の通り。
■JAPAN SV EDITION
ボディカラー ロランジュ:2165万円 販売台数8台
ボディカラー SV BESPOKEグレイ:2165万円 販売台数8台
ボディカラー アボカド:2165万円 販売台数9台
■CARBON+
ボディカラー アメジストグレイパープル:2111万円 販売台数3台
ボディカラー フラックス:2111万円 販売台数3台

▲SV BESPOKEグレイのボディカラーは販売台数8台限定
▲アボカドのボディカラーは販売台数9台限定

 まずは「JAPAN SV EDITION」から解説していこう。ベースグレードは通常モデルのSVRで、ここにハイパフォーマンスモデルやビスポークオーダーを専門に手がけるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)専用のデザインを採用する。外装では、ボディカラーにSVビスポーク・チームと連携して設定したロランジュ(メタリック)、SV BESPOKEグレイ (ソリッド)、アボカド(メタリック)の3色を日本初導入。そして、“SV BESPOKE”エンブレムをレイアウトしたBピラーや“ONE OF 25”のディスクリプションを配したイルミネーション機能付メタルトレッドプレート、カーボン素材を使用したボンネットおよびエンジンカバー、スライディングパノラミックルーフを特別装備する。足もとには、グロスブラックフィニッシュの22インチ“スタイル5083”5スプリットスポークアロイホイールを組み込んだ。

▲Bピラーに“SV BESPOKE”エンブレムを配備
▲“ONE OF 25”のディスクリプションを配したイルミネーション機能付メタルトレッドプレートを特別装備
▲足もとにはグロスブラックフィニッシュの22インチ“スタイル5083”5スプリットスポークアロイホイールを装着

 内装については、ツートンカラーのエボニー/シーラスインテリアを採用し、ここに“SVR”刺繡入りのヘッドレストを配したウィンザーレザーSVRパフォーマンスシートや前席ヒーター&クーラー機構、後席ヒーター機構、フロントセンターコンソール急速クーラーボックス、空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)、ヘッドアップディスプレイを特別装備。また、ハイスピードエマージェンシーブレーキ/ブラインドスポットアシスト/クリアイグジットモニター/アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付)/ドライバーコンディションモニター/レーンキープアシスト/パークアシスト/360°パーキングエイド/リアトラフィックモニター/トラフィックサインレコグニション&アダプティブスピードリミッターで構成するドライバーアシストパックを標準で設定した。

▲内装にはツートンカラーのエボニー/シーラスインテリアを採用し、ここに“SVR”刺繡入りのヘッドレストを配したウィンザーレザーSVRパフォーマンスシートや前席ヒーター&クーラー機構、後席ヒーター機構を標準装備する。日本導入モデルのハンドル位置は右

 一方で「CARBON+」は、内外装にカーボンファイバーをあしらったSVRカーボンエディションをベースグレードとし、ボディカラーにSVOウルトラメタリックのアメジストグレイパープルとフラックスの2色をラインアップ。また、スライディングパノラミックルーフやグロスブラックフィニッシュの22インチ“スタイル5083”5 スプリットスポークアロイホイールを特別装備した。

▲レンジローバースポーツSVR CARBON+ 価格:8SAT2111万円 全長4880×全幅2020×全高1800mm ホイールベース2920㎜ 乗車定員5名 写真のボディカラーはアメジストグレイパープルで、販売台数は3台限定
▲フラックスのボディカラーは販売台数3台限定

 内装に関しては、ツートンカラーのエボニー/シーラスインテリアを導入し、合わせてウィンザーレザーSVRパフォーマンスシートや前席ヒーター&クーラー機構、後席ヒーター機構、フロントセンターコンソールクーラーボックス、空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)、ヘッドアップディスプレイなどを特別装備。さらに、ドライバーアシストパックを標準で採用した。

▲エボニー/シーラスカラーのウィンザーレザーSVRパフォーマンスシートを特別装備
▲スライディングパノラミックルーフを標準で採用。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)を標準で組み込む

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年2月号

  • ・トヨタ/レクサス 新型BEV 16モデル公開
  • ・日産アンビション 2030 始動
  • ・NEWトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る