ー 

ボルボ60/90シリーズのプラグインハイブリッドがEV航続距離を倍増

Writer:大貫直次郎 

ボルボがS60/V60/XC60/V90/XC90のプラグインハイブリッドの改良を実施。全域での性能向上を図るとともに、EVとして利用可能な範囲を大幅に拡大

 ボルボ・カー・ジャパンは2022年1月13日、S60/V60/XC60/V90/XC90の5車種のプラグインハイブリッドを改良し、同日より発売した。

▲S60/V60/XC60/V90/XC90の5車種のプラグインハイブリッドを改良

車両価格は以下の通り。
■60シリーズ
S60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション・エクスプレッション:694万円
S60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション:809万円
V60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション・エクスプレッション:694万円
V60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション:809万円
XC60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション・エクスプレッション:799万円
XC60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション:914万円
■90シリーズ
V90リチャージ プラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション:1034万円
XC90リチャージ プラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション:1149万円

▲ボルボXC60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション 価格:8SAT914万円 パワートレインを従来のT8からT6に変更

 今回の改良は、プラグインハイブリッドシステムに採用するエンジンやモーター、バッテリーのすべての刷新を図って、EVとして利用可能な範囲を大幅に拡大し、合わせて全域での性能向上を図ったことが特徴である。

▲駆動用のリチウムイオンバッテリーの総電力量を従来より約60%増やした18.8kWhとすることで、EVモードにおける航続距離の大幅な伸長を成し遂げる

 EV性能の面では、駆動用のリチウムイオンバッテリーの総電力量を従来より約60%増やした18.8kWhとすることで、EVモードにおける航続距離の大幅な伸長を実現。ピュアモードでのEV航続距離は、従来モデルの約2倍となる最長で約70km~90km(欧州参考値)を達成した。

▲ボルボS60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション 価格:8SAT809万円
▲ボルボV60リチャージ プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション 価格:8SAT809万円

 一方、1968cc直列4気筒DOHC16V直噴ガソリンエンジンについては、過給器のスーパーチャージャーを省略してターボチャージャーのみに変更。合わせて、駆動用モーターとジェネレーターの機能を兼ね備えたCISG(Crank Integrated Starter Generator)の出力を52kWにまで引き上げ、さらにリアに配する駆動用モーターの出力を従来比約65%アップの 107kWとして、EV走行時の俊敏でパワフルな電動走行と、優れた回生ブレーキ性能を成し遂げる。システム総出力はT6が350ps、T8が462psを実現した。

▲ボルボV90リチャージ プラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション 価格:8SAT1034万円
▲ボルボXC90リチャージ プラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション 価格:8SAT1149万円

 なお、XC60リチャージ プラグインハイブリッドについてはパワートレインを従来のT8からT6に変更している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報