ー 

フォルクスワーゲンがオートサロンで新型ゴルフGTIのドレスアップモデルを披露

Writer:大貫直次郎 

フォルクスワーゲンが4年ぶりに出展した東京オートサロンにおいて、名門チューニングメーカーのエッティンガーと共同開発したエアロパーツを装着するドレスアップ版ゴルフGTIを公開

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2022年1月14日、4年ぶりに出展した東京オートサロン2022において、第8世代の新型ゴルフGTIとそのドレスアップバージョンを披露した。

▲フォルクスワーゲンは4年ぶりに出展した東京オートサロンにおいて、フォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門がドイツの老舗チューナーのエッティンガー社と共同開発した新しいエアロパーツを装着するドレスアップ版ゴルフGTIをひな壇に上げた

 最大の注目は、フォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門がドイツの老舗チューナーのエッティンガー(oettinger)社と共同開発した新しいエアロパーツを装着するドレスアップ版ゴルフGTIの出展だ。エッティンガー社は、ゲルハルト・エッティンガー(Gerhard Oettinger)によってドイツのフランクフルト近郊にあるフリードリッヒスドルフにて1946年に設立されたチューニングメーカー。タイプⅠ=ビートルのチューンアップを皮切りに、ゴルフやシロッコなど歴代フォルクスワーゲン車のチューンアップを手がけ、初代ゴルフGTIでは新設計のDOHC16Vヘッドを組み込んだゴルフGTI 16Sが、1981年にフォルクスワーゲンから発売されている。筆者も、VWカラベルをベースに専用開発の3.7リットル水平対向6気筒エンジンを搭載したコンプリートモデルのエッティンガーwbx6を所有していたことがあり、その高性能ぶりに心底ほれ込んだ経験がある。

▲セパレートタイプのフロントスポイラーを装着。価格は7万7000円
▲空気整流リブを組み込んだリアディフューザー(11万円)と後端をセパレートタイプとしたルーフスポイラー(8万3600円)を配備

 披露されたエッティングガー仕様の新型ゴルフGTIには、専用デザインのフロントスポイラーとリアディフューザー、そして大型のルーフスポイラーを装備。空力性能を高めるとともに、外観のスポーティ感をいっそう際立たせている。今回装着したパーツは、本年3月中旬ごろに発売する予定だ。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報