ー 

VWパサート・ヴァリアントの新プラグインハイブリッド車が日本デビュー

Writer:大貫直次郎 

フォルクスワーゲン・パサート・ヴァリアントに新PHEVモデルの「パサートGTEヴァリアント」を追加設定。年内の供給は約50台を予定

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2022年4月5日、日本における旗艦ステーションワゴンのパサート・ヴァリアントに新プラグインハイブリッドモデルの「パサートGTEヴァリアント」を設定し、同日より発売した。

▲フォルクスワーゲン・パサートGTEヴァリアント アドバンス 価格:6DCT683万8000円 全長4785×全幅1830×全高1510mm ホイールベース2790mm 車重1770kg 乗車定員5名 ハイブリッド燃費はWLTCモードで15.9km/リットル

車種展開は以下の通り。
パサートGTEヴァリアント:634万5000円
パサートGTEヴァリアント アドバンス:683万8000円
なお、半導体の供給不足などの影響により日本への年内の供給は約50台の見込みで、それ以降の受注分については来年以降の出荷を予定している。

 パサート・シリーズは昨年4月に大幅改良モデルが日本に上陸。新世代のVWデザインの採用やパワートレインの変更、最新の運転支援システムの全車標準装備化などを実施して、上級セダン&ステーションワゴンとしての魅力度をいっそう高めた。そして今回、従来モデルよりEV走行距離を延ばした新しいPHEVモデルのヴァリアントをラインアップして、訴求力をいっそう引き上げている。

▲半導体の供給不足などの影響により日本への年内の供給は約50台となる見込み

 肝心のパワートレインは、1.4TSIの1394cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(最高出力156ps/5000~6000rpm、最大トルク250Nm/1550~3500rpm)、最高出力85kW/最大トルク330Nmを発生する電気モーター、総電力量を従来の9.9kWhから13.0kWhへと増強したリチウムイオンバッテリー、専用セッティングの6速DSGトランスミッションでシステムを構成して前輪を駆動。走行モードは、モーターのみで走行する“EVモード”、モーターとエンジンを効率よく使って走行する“ハイブリッドモード”、モーターとエンジンの両方のパワートレインを使って力強く走行する“GTEモード”という3モードを設定する。EV走行可能距離は、WLTPモードで従来の51.7kmから57kmに向上した。

▲パワーユニットには最高出力156ps/最大トルク250Nmを発生する1394cc直列4気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジンと最高出力85kW/最大トルク330Nmを発生する電気モーターを搭載
▲フロント部に充電口を設定。リチウムイオンバッテリーの総電力量は従来の9.9kWhから13.0kWhへと増強する

 エクステリアにおいては、大幅改良モデルのパサート・ヴァリアントと同様、最新のVWデザインで仕立て直した前後バンパー(フロントバンパーはGTE専用)とラジエーターグリル、リアの中央部分に移設したPassatロゴなどによって、上質感や洗練度をアップ。また、GTE専用のC字型LEDデイタイムランニングライトやブルーに塗装したブレーキキャリパーなどを装備する。ボディカラーはパイライトシルバーメタリック/ディープブラックパールエフェクト/マンガングレーメタリック/オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(有償オプション)の4色をラインアップした。

▲フロントフェンダーにGTEエンブレムを配備
▲アドバンスには8J×18アルミホイール+235/45R18タイヤを装着

 内包するインテリアでは、表地のデザインを刷新した新しいドアトリムやインストルメントパネルなどを採用。また、ステアリングにはGTE専用レザーマルチファンクションステアリングホイールを、ダッシュパネルには従来のアナログ時計に替えてバックライト付きのPassatロゴを配する。さらに、タッチコントロール式のエアコンディショナーコントロールパネルを組み込んで操作性を向上。一方、タッチ式センターディスプレーにはエネルギーフローや走行モード切替などを、メーターパネルには充電時間などを表示する機能を内蔵した。

▲GTE専用レザーマルチファンクションステアリングホイールを装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲トランスミッションには専用セッティングの6速DSGを採用
▲メーターパネルには充電時間などを表示する機能を内蔵
▲タッチ式センターディスプレーはエネルギーフローや走行モード切替などを表示
▲アドバンスにはナパレザー表皮のシートを装着
▲大容量のラゲッジルームを確保。Easy Open&Close機能付パワーテールゲートを標準装備

 先進安全運転支援機構に関しては、同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やLEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT(アイキューライト)”など、最新のシステムを標準で装備。モバイルオンラインサービスの“We Connect”および“We Connect Plus”も標準で採用している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る