ー 

アルファロメオ・ジュリアがマイナーチェンジ。新グレードとして「Ti」を設定

Writer:大貫直次郎 

アルファロメオのスポーツサルーンのジュリアが仕様変更。スポーツ性と上質感を兼ね備えた新グレードの「Ti」を追加

 Stellantis(ステランティス)ジャパンは2022年4月6日、アルファロメオのスポーツサルーンのジュリア(GIULIA)を仕様変更し、5月14日に発売すると発表した。

▲アルファロメオ・ジュリア2.0 TURBO Ti 価格:8SAT554万円 全長4645×全幅1865×全高1435mm ホイールベース2820mm 車重1590kg 乗車定員5名 グランドツアラーとしての性格をより強調した新グレード

車種展開は以下の通り。
2.0 TURBO Ti:554万円
2.0 TURBO Veloce:624万円
2.9 V6 BI-TURBO QUADRIFOGLIO:1287万円

▲アルファロメオ・ジュリア2.0 TURBO Veloce 価格:8SAT624万円 全長4655×全幅1865×全高1435mm ホイールベース2820mm 車重1630kg 乗車定員5名 ダークエキゾーストフィニッシャーを新装備

 今回の仕様変更は、全モデルの装備内容を見直すとともに、新グレードとして「Ti」を追加設定したことが訴求点である。

▲アルファロメオ・ジュリア2.9 V6 BI-TURBO QUADRIFOGLIO 価格:8SAT1287万円 全長4635×全幅1865×全高1435mm ホイールベース2820mm 車重1710kg 乗車定員5名 専用エクステリア(前後バンパー、フロントサイドフェンダーエアアウトレット、カーボンインサート付きサイドスポイラー、カーボンリアスポイラー)を採用

 まずは新グレードの「Ti」から解説していこう。アルファロメオの高性能車に付けられる伝統的な呼称である“Turismo Internazionale”の頭文字、「Ti」を冠したジュリアTiは、元来備わるスポーツ性能と上質さを併せ持つグランドツアラーとしての性格を、よりいっそう際立たせたことがトピックだ。
 外装では、ボディ同色のエクステリアミラーハウジングやTiエンブレム、ダークタービンデザインを取り入れた10スポーク18インチアルミホイール+前225/45R18/後255/40R18ランフラットタイヤを専用装備。エレガントな佇まいの中にも走りの良さが感じられるスタイリングを創出する。一方、内装ではグレーオークのウッドパネルやナチュラルレザーシート(前席シートヒーター付、運転席シートメモリー付)を標準で採用。シート色には専用のタンを設定し、ブラック基調のインテリアと相まって上質なキャビン空間を実現した。

▲Tiはボディ同色のエクステリアミラーハウジングとTiエンブレムを専用装備
▲シューズにはダークタービンデザインを取り入れた10スポーク18インチアルミホイール+前225/45R18/後255/40R18ランフラットタイヤを装着する
▲シリーズで唯一となるグレーオークのウッドパネルを装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲ナチュラルレザーシート(前席シートヒーター付、運転席シートメモリー付)を標準で採用。シート色には専用のタンを設定
▲Tiはパワーユニットに1995cc直列4気筒マルチエア16Vツインスクロールターボエンジン(200ps/330Nm)+電子制御式8速ATを搭載

 従来グレードのVELOCE(ヴェローチェ)および QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)の仕様変更に話を移そう。
 まずVELOCEは、ブラックのフロントグリルやエクステリアミラーハウジング、ダークエキゾーストフィニッシャー、新造形の5ホールデザイン19インチアルミホイール(タイヤは前225/40R19/後255/35R19サイズのランフラット)を新たに装備。さらに、リミテッドスリップディファレンシャル(LSD)を新たに組み込んで、トラクション性能をいっそう向上させた。パワートレインは基本的に従来と共通で、1995cc直列4気筒マルチエア16Vツインスクロールターボエンジン(最高出力280ps/5250rpm、最大トルク400Nm/2250rpm)+電子制御式8速ATを搭載し、後輪を駆動している。

▲VELOCEはブラックのフロントグリルやエクステリアミラーハウジングを新採用する
▲シューズには新デザインの5ホールデザイン19インチアルミホイール+前225/40R19/後255/35R19ランフラットタイヤを装着
▲内装にはレザー仕上げのダッシュボードやアルミニウムのインテリアパネルなどを専用装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲前席には質感とホールド性に優れたスポーツレザーシートを採用
▲VELOCEはパワーユニットに1995cc直列4気筒マルチエア16Vツインスクロールターボエンジン(280ps/400Nm)+電子制御式8速ATを搭載。リミテッドスリップディファレンシャル(LSD)を新たに組み込む

 一方でQUADRIFOGLIOは、ブラックテールライトやレザー/アルカンターラ巻きステアリングホイール(カーボンインサート)、ホールド性と快適性を両立したスパルコ製カーボンバケットシート(スポーツレザー/アルカンターラ表皮)などを新たに装備し、プレミアム性とダイナミック性能のいっそうの強化を図る。パワートレインは基本的に従来と共通で、2891cc・V型6気筒DOHC24V直噴ツインターボエンジン(最高出力510ps/6500rpm、最大トルク600Nm/2550rpm)+電子制御式8速ATを搭載し、後輪を駆動している。

▲QUADRIFOGLIOはブラックテールライトを新たに配備する
▲レザー/アルカンターラ巻きステアリングホイール(カーボンインサート)を装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲ホールド性と快適性を両立したスパルコ製カーボンバケットシート(スポーツレザー/アルカンターラ表皮)を採用
▲QUADRIFOGLIOはパワーユニットに2891cc・V型6気筒DOHC24V直噴ツインターボエンジン(510ps/600Nm)+電子制御式8速ATを搭載する

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る