• TOP
  • 【2022 J'sスポーツ特集】最強のダンスパートナー! 405psのFRスポーツ、新型フェアレディZのダイナミック性能

 ー 

【2022 J'sスポーツ特集】最強のダンスパートナー! 405psのFRスポーツ、新型フェアレディZのダイナミック性能

Writer:山本シンヤ Photo:山上博也+NISSAN

日産フェアレディZバージョンST 新車ニュース

新型は歴代モデルのイメージを巧みに投影。全3グレード構成

フェアレディZバージョンST 新型は標準/バージョンS/バージョンST/バージョンTの4グレード構成 2022年春からカタログモデルの受注開始

 フェアレディZは、1969年の1stモデル登場以来、50年以上の歴史を誇るスポーツレジェンド。日産の象徴であり、いまや貴重なハイパワーFRクーペだ。日本仕様は2022年1月の東京オートサロンで発表され、春からカタログモデルの受注がスタートする。

 エクステリアは、日本刀をイメージした引き締まったプロポーション。歴代モデルのオマージュをバランスよく織り込み、ヘリテージと未来が上手にバランスされた。シルエットは、基本骨格を共用する関係で従来型の面影が残る。ボディサイズは全長×全幅×全高4380×1845×1315mm。世代交代で拡大されるモデルが多い中、従来とほぼ同等なのはうれしいポイントである。

 インテリアは、2nd/3rdモデルを彷彿とさせる横基調インパネを採用。最新の12.3インチフルデジタルディスプレイを採用する一方、伝統の3連メーターはアナログのままと、ニクイ演出となっている。シートはGT-Rの開発で培ったノウハウが応用されており、ホールド性やフィット感が大きくアップした。

 ラインアップは、標準/バージョンS/バージョンSTの3グレード構成。バージョンSTは限定240台の特別仕様車、プロトスペックのベース車。19インチアルミ、本革とスエード調ファブリックのコンビシート、ニッサンコネクトナビを標準装備する。

プラットフォームは従来モデルの大幅リファイン版 走りはFRらしさを強調 ドライバーがクルマとの対話を楽しめる味付け
2997cc・V6DOHC24Vツインターボ(VR30DDTT型) 405ps/6400rpm 475Nm/1600〜5600rpm ハイパワーとレスポンス追求
バージョンSTは前後異径19インチタイヤ&レイズ製鍛造ブラック塗装アルミ標準
エグゾーストパイプは大径ツイン リアエンドはディフューザー形状
LED仕様のリアランプは4th・Z32型の造形を現代的にアレンジ

405ps+FRで走り追求。6速MTと9速ATをラインアップ

 メカニズムは意欲的である。エンジンは405ps/475Nmを発揮する3リッター・V6ツインターボ。スカイライン400Rと共通スペックながら、「スポーツカーはレスポンスが大切」という開発責任者、田村宏志氏のこだわりから、リサーキュレーションバルブが追加され専用の制御系を採用した。トランスミッションは強化版の6速MTと新開発の9速AT(モード切替付き)。MT/ATともに将来的なチューンアップにも対応する大トルク対応型だ。リアデフには機械式LSDが組み込まれる。400psオーバーのFR車でMTをラインアップするのは世界的にも少数派である。

 シャシーは、車体の剛性アップに加えて、サスペンションのジオメトリーを変更、ダンパーはモノチューブ式。電動パワーステアリングの採用と、フロントタイヤのワイド化が行われた。田村氏は「FRで405psなので、エンジンパワーが勝る部分があるのも事実です。そこをドライバーがシッカリとコントロールできる味付けになっています」と説明してくれた。
 新型はデザインと速さ、そしてハンドリングを楽しむFRスポーツへと変身した。ステアリングを握るのが楽しみだ。

インパネは横基調デザイン プロレーサーとともに理想のドライビング空間を追求 ステアリングはZ初の電動パワーステアリング仕様 バージョンSTは9インチナビ標準装備
シートはサポート性重視形状 STは前後&リクライニングが電動 運転席の高さ調節は手動式
メインメーターは3種のデザインが選べる12.3インチフル液晶 中央にタコメーターをレイアウト
伝統の3連メーターはアナログ形状 ブースト圧/タービン回転/電圧計をレイアウト
トランスミッションは6速MTと9速AT ともに大トルク対応設計 MTは軽快な操作フィールを追求
ラゲッジスペースは深さはないが実用的な広さ 前席背後にアルミ製ボディ補強バーを配置する

日産フェアレディZ 主要諸元と主要装備

グレード=バージョンST
価格=6MT/9SAT 未定
全長×全幅×全高=4380×1845×1315
ホイールベース=2550
トレッド=未公表
車重=未公表
エンジン=2997cc・V6DOHC24Vツインターボ(プレミアム仕様)
最高出力=298kW(405ps)/6400rpm
最大トルク=475Nm(48.6kgm)/1600〜5600rpm
WLTCモード燃費=未公表
サスペンション=フロント:ダブルウィッシュボーン/リア:マルチリンク
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=フロント:255/45R19/リア:275/35R19+アルミ
駆動方式=FR
乗車定員=2名
最小回転半径=未公表
主要装備:ローンチコントロール/MTシンクロレブコントロール(MT)/レイズ製19インチ鍛造アルミ/4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ(フロント4ポッド&リア2ポッド)/メカニカルLSD/アルミ製エンジンフード&ドアパネル&バックドア/前後スポイラー/サイドシルプロテクター/スクラッチシールド/デュアルテールパイプ/本革&スエード調ファブリックコンビシート/本革巻きステアリング/チルト&テレスコピックステアリング/アルミ製ペダル/BOSEサウンドシステム/9インチNISSANコネクトナビゲーション/ETC2.0ユニット/オートAC
ボディカラー:イカズチイエロー/スーパーブラック
※装備は編集部調べ

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る