ー 

プジョーe-208/e-2008が仕様変更。システム効率の改善で一充電走行距離を延長

Writer:大貫直次郎 

プジョーの人気コンパクトEVのe-208/e-2008がマイナーチェンジ。一充電走行距離の延長でCEV補助金の増額を実現。合わせてATセレクターにトグルタイプを新採用

 Stellantis(ステランティス)ジャパンは2022年4月6日、プジョー・ブランドのEVコンパクトハッチバックのe-208とEVコンパクトSUVのe-2008を仕様変更した。

▲プジョーe-208 GT 価格:464万6000円 全長4095×全幅1745×全高1465mm ホイールベース2540mm 車重1500㎏ 乗車定員5名 一充電走行距離はWLTCモードで395km、交流電力量消費率はWLTCモードで144Wh/kmを実現

車種展開および車両価格は以下の通り。
■e-208
e-208アリュール:425万5000円
e-208 GT:464万6000円
■e-2008
e-2008アリュール:467万9000円
e-2008 GT:509万8000円

▲プジョーe-2008 GT 価格:509万8000円 全長4305×全幅1770×全高1550mm ホイールベース2610mm 車重1600㎏ 乗車定員5名 一充電走行距離はWLTCモードで380km、交流電力量消費率はWLTCモードで149Wh/kmを実現

 まずEVシステムの改良は、従来と同様に最高出力100kW(136ps)/5500rpm、最大トルク260Nm/300~3674rpmを発生する電気モーターをフロントに、50kWhの総電力量を確保したリチウムイオン電池を車体中央付近のフロア下に搭載したうえで、ギア比の変更やヒートポンプの効率の改善を実施。その結果、一充電走行距離はWLTCモードでe-208が従来の380kmから395kmに、e-2008が従来の360kmから380kmに向上する。合わせて、令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」の電気自動車における補助上限額65万円の交付対象となった。

▲EV専用モジュラープラットフォーム“e-CMP”に搭載するEVシステムは、ギア比の変更やヒートポンプの効率の改善などを実施

 一方、オートマチックセレクターに関しては、指先だけで操作できるトグルタイプに刷新。よりストレスフリーな操作性を実現するとともに、センターコンソールにおける収納スペースの改善を図り、さらにコクピットのデザインがいっそうモダンで洗練されたイメージに昇華した。

▲オートマチックセレクターを指先だけで操作できるトグルタイプに変更

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る