• TOP
  • 【最新モデル試乗】本格電気自動車時代の到来! トヨタbZ4XとSUBARUソルテラ、すべてに自然体の実力車が切り開く未来とは?

 ー 

【最新モデル試乗】本格電気自動車時代の到来! トヨタbZ4XとSUBARUソルテラ、すべてに自然体の実力車が切り開く未来とは?

Writer:岡本幸一郎 Photo:山上博也+大西靖

トヨタbZ4X/SUBARUソルテラ 2022年年央発売予定 試乗記

トヨタbZ4X リニアなアクセルレスポンスと伸びやかな加速が魅力 フットワークは素直な印象 意のままの走りが楽しめる bZ4Xはサブスク専用 トヨタKINTOにより提供される
トヨタbZ4X リニアなアクセルレスポンスと伸びやかな加速が魅力 フットワークは素直な印象 意のままの走りが楽しめる bZ4Xはサブスク専用 トヨタKINTOにより提供される

2台は期待の新星。斬新SUVルックのBEV

 昨年末のトヨタの「バッテリーEV戦略に関する説明会」はなかなか衝撃的だった。大量に公開されたコンセプトカーの中で最前列にあったのがbZ4Xである。そのbZ4XとSUBARU(スバル)のソルテラが、そう遠くないうちに発売されることが公表された。
 bZ4Xとソルテラは、2018年ごろにトヨタでプロジェクトが始動。それにスバルが合流する形で、両社合同チームが開発を進めてきた。生産はトヨタが担う。

 発売前のプロトタイプに試乗した。bZ4Xはサーキット、ソルテラは雪上でチェックした。
 外観はSUVルック。基本フォルムこそ同じだが、わかりやすく作り分けられている。ボディサイズは全長×全幅×全高4690×1860×1650mm。全高をSUVとしてはやや低めに設定したのは、居住性を確保しつつ前面投影面積を小さくするため。それでいてスバル側の強いコダワリにより210mmの地上高を確保している。ホイールベースは2850mmと長めの設定になる。

 インテリアはなかなか先進的だ。ステアリングホイールの奥側に配されたトップマウントメーターは視認性に優れ、ダッシュも低いおかげで見晴らしがよい。ヘッドクリアランスはさほど大きくないが、足元のスペースは広く確保されている。なお、両車は内装色や一部の装備で違いを演出。走りに関しては「ダンパーと電動パワーステの味付けが微妙に異なる」という。

トヨタbZ4X 開発は2018年にスタート 今後セダンやスモールクロスオーバーなどで構成するbZシリーズの主力モデル 日本をはじめ世界で販売するトヨタ初の量産BEV 全長×全幅×全高4690×1860×1650mmのサイズはRAV4比で95mm長く/20mmワイド/60mm低い 写真はFWDの20インチタイヤ装着車
SUBARUソルテラ ソルテラとbZ4Xの相違点はフロントグリルなどのデザイン面と一部装備 メカニズムは細部を除き共通仕様 4WDはスバルの知見を生かした制御を導入 路面状況に合わせ駆動力を最適制御するXーMODEを設定 BEVで本格的な雪道&オフロード走破性を実現したクルマは少数派 写真は4WDの18インチタイヤ装着車

FWDは中間加速が軽やか。ともに走りは高水準

 bZ4Xはフロントに150kWのモーターを搭載するFWD車と、前後に80kWのモーターを積む4WD車に試乗した。車重はFWD車が1920kg、4WD車が2005kgと伝えられている。
 動力性能はまずまず。高性能BEVに乗り慣れた身にとっては驚くほどのものはないにせよ、リニアなアクセルレスポンスと伸びやかな加速フィールなどBEVの強みは十分に体感できる。0〜100km/h加速タイムはFWDが8.4秒、4WDは7.7秒と異なるが、軽量なFWD車のほうが中間加速は軽やかに感じられた。

 フットワークは素直だ。フロア下にバッテリーを搭載する効果で重心の高い感覚は小さく、全高を抑えたことも効いてコーナリング時のロールは小さめ。最低地上高が210mmもあるとは思えない動きを見せる。
 VSCの制御が非常に的確な点にも感心した。存在を感じさせないほど介入はスムーズで、何かに邪魔される印象はない。イメージしたラインが正確にトレースでき、まさしく意のままに走れた。

 VSCをOFFにして攻めると、VSCがいかによい仕事をしているのかを実感する。FWD車は、ややフロントヘビーの傾向で、前で引っぱる感覚が強い。アンダーステアやオーバーステアが出やすい。4WD車はその度合いが圧倒的に小さく、挙動が乱れにくい。それだけバランスがよいのだろう。

電池の床下配置で低重心を実現 ホイールベースはRAV4比160mm長い2850mm
モーター出力はFWDが150kW/4WDは80kW×2基 BEVシステムは軽量コンパクト設計
充電リッドはボディ両サイドに配置 右側が普通充電/左側は急速充電に対応
ヘッドライトは薄型形状LED ウインカー一体デザイン bZ4Xとソルテラ(写真)では細部が異なる

雪上でも光る走り。完成度の高さを実感!

ソルテラは雪上でドライブ 優れた4WD制御と210mmとゆとりある最低地上高の相乗効果で安定した走りを披露

 走りの高バランスは、雪上のソルテラ(4WD)でいちだんと顕著に感じた。VSCをOFFにしてオーバーアクションぎみに走ると、暴れるとまではいかないが、それなりに挙動が乱れる。対してONNにするとピタッと収まる。
 ドライビングを楽しむにはTRCをOFFにするのがベター。意図的にテールスライドさせながらもフロントは狙ったラインを大きく外れることはない。意のままの走りが、積極的に味わえる。
 アクセルペダルを緩めると減速度が増して滑らかに減速させる「回生ブースト機能」は両車が採用。ソルテラはパドルで回生の強さを選べるようになっていた。雪道ではこれが重宝した。

 装備では、ソルテラにはリアシートヒーターの設定があり、フロントシートヒーターの面積も広くなっている。一方、bZ4Xには前席乗員の足元にトヨタ車初となる輻射ヒーターを採用した。
 BEV専用のプラットフォームを活かしたパッケージは、「全席等価値」がコンセプト。前後席間距離が1mというだけあって後席のひざ前はかなり広い。

 bZ4Xとソルテラは、全体として非常にそつのない仕上がりであることが印象的だった。今後トヨタ、そしてスバルは、さまざまなBEVを展開する予定。まずは上々の滑り出しといえそうだ。

インパネはbZ4X/ソルテラ共通形状 開放的なシンプルデザイン ワイドな視界が印象的 クイックな操縦フィールを追求したステアバイワイヤ仕様も開発中
室内はルーミー 前後席間距離は1000mmと余裕たっぷり シートは座り心地に優れた大型サイズ 着座位置はアップライト
メーターはバイザーレスのトップマウント方式 運転時に最小限の視線移動で確認可能 視認性に優れる 表示モードは2種設定 ステアリングスイッチで切り替える
走行セレクターはダイヤル式 Pポジションはボタンでセレクト 右側にワンペダルスイッチを配置
4WD車はXーMODE標準 路面状況に応じて2モードを用意 本格ダートにも対応
後席空調ルーバー標準 快適性に対する気配り万全 ソルテラは後席シートヒーター設定
ラゲッジスペースは広く実用的 後席は6対4分割 シートバックは荷室側から倒せる
サブトランクは充電ケーブルなどの収納に最適 4WDでも深く使い勝手に優れる空間

トヨタbZ4X/SUBARUソルテラ主要諸元

全長×全幅×全高=4690×1860×1650mm
ホイールベース=2850mm
室内長×室内幅×室内高=1940×1515×1160mm
車重=fWD:1920kg〜/4WD:2005〜kg
モーター種類=交流同期電動機
最大出力=FWD:150kW/4WD:フロント80kW/リア80kW
システム最大出力=fWD:150kW/4WD:160kW
動力用主電池=リチウムイオン電池
総電圧=355V
総電力=71.4kWh
AC充電器最大出力=6.6kW
DC充電最大出力=150kW
一充電走行距離(WLTCモード)=FWD:500km/4WD:460km前後
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ステアリング=ラック平行式電動パワーステアリング
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
乗車定員=5名
最小回転半径=5.7m
0→100㎞/h加速=FWD:8.4秒/4WD:7.7秒

足回りはフロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン式 走破性は本格SUVに匹敵 駆動力を確実に伝える

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る