ー 

艶やかなブラックが際立つDS7クロスバックの特別仕様車が登場

Writer:大貫直次郎 

DSブランドのフラッグシップSUVのDS7クロスバックに特別仕様車「LIGNE NOIRE BlueHDi」を設定。エクステリアの随所にシャイニーブラックのパーツを装備

 Stellantis(ステランティス)ジャパンは2022年4月21日、DSオートモビルのフラッグシップSUVであるDS7クロスバックに特別仕様車の「LIGNE NOIRE BlueHDi(リーニュ ノアール ブルーHDi)」をラインアップし、同日より発売した。車両価格は642万円で、販売台数は20台に設定する。

▲DS7クロスバックLIGNE NOIRE BlueHDi(リーニュ ノアール ブルーHDi) 価格:8SAT642万円 全長4590×全幅1895×全高1635mm ホイールベース2730mm 乗車定員5名 LIGNE NOIREは英語でBLACK LINEを意味

 今回の特別仕様車は、DS7クロスバックのディーゼルエンジン(1997cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボ。177ps/400Nm)搭載モデルをベースに、艶やかなシャイニーブラックのパーツをエクステリアの随所に特別装備したことが特徴である。なお、車名のLIGNE NOIREは、英語でBLACK LINE(ブラックライン)を意味している。

▲DSウィングやルーフレール、サイドウィンドウのモール、リアガーニッシュなどをシャイニーブラックで仕立てる

 まずエクステリアでは、通常モデルではクローム仕上げとなるDSウィングやルーフレール、サイドウィンドウのモール、リアガーニッシュなどをシャイニーブラックで仕立てる。さらに、電動メッシュサンシェード付パノラミックサンルーフを標準で装備。足もとには20インチアルミホイール“TOKYO”(タイヤサイズは235/45R20)を装着した。ボディカラーは、ブルーアンクル/クリスタルパール/グリプラチナム/ノアールペルラネラ/ブランナクレの5色を用意している。

▲足もとには20インチアルミホイール“TOKYO”+235/45R20タイヤを装着
▲ボディカラーはブルーアンクル/クリスタルパール/グリプラチナム/ノアールペルラネラ/ブランナクレの5色を設定

 内包するインテリアでは、E-TENSE専用のパールグレーレザーを特別に設定したことがトピック。エクステリアとのコントラストを生み出し、上質で気品に満ちた室内空間を実現する。よりシックな佇まいを創出するバサルトブラックレザーも選択可能だ。また、2カラーともにオリジナリティあふれるダイヤモンドパターンのナッパレザーをダッシュボードに採用。センターコンソールまわりには、シフトレバーを取り囲むクル・ド・パリ装飾(ギョシェ模様=パリの石畳を図案化した伝統装飾様式)や、エンジンを始動するとダッシュボード上に現れるフランスの高級腕時計メーカーB.R.M 社とDSオートモビルが共同開発したアナログ時計などを配備している。

▲インテリアにE-TENSE専用のパールグレーレザーを特別設定。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲よりシックな佇まいを創出するバサルトブラックレザーも選択可
▲パワーユニットには1997cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(177ps/400Nm)を搭載

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報