ー 

日産リーフが仕様変更を実施。新たにイルミネーション付きのブランドエンブレムを採用

Writer:大貫直次郎 

日産のピュアEVのリーフが一部仕様向上。フロントマスクの刷新やアルミホイールの換装、ボディカラー設定の変更、車両価格の見直しなどを敢行

 日産自動車は2022年4月21日、“ニッサン インテリジェント モビリティ”の象徴であるリーフの商品改良を行い、今夏に発売すると発表した。

▲日産リーフe+G 価格:480万5900円 全長4480×全幅1790×全高1565(可倒式ルーフアンテナ装着時1545)mm ホイールベース2700mm 車重1680kg 乗車定員5名 一充電走行距離はWLTCモードで450km 写真のボディカラーは新色のピュアホワイトパール/オーロラフレアブルーパールの2トーン

車種展開は以下の通り。
■バッテリーサイズ40kWh
X:370万9200円
X・Vセレクション:394万6800円
G:407万6600円
NISMO:418万2200円
■バッテリーサイズ60kWh
e+X:422万5100円
e+G:480万5900円
車両価格は従来同グレード比でバッテリーサイズ40kWhが11万6600円ダウン、バッテリーサイズ60kWhが19万2500円ダウンとなっているが、これは電気自動車のさらなる普及に向けて、少しでも手に届きやすい価格でユーザーに提供することを目的とした改定だという。なお、従来設定していたアーバンクロムとバッテリーサイズ40kWhのSグレードはカタログから外れている。

▲日産リーフ X・Vセレクション 価格:394万6800円 全長4480×全幅1790×全高1560(可倒式ルーフアンテナ装着時1540)mm ホイールベース2700mm 車重1530kg 乗車定員5名 一充電走行距離はWLTCモードで322km 写真のボディカラーは新色のオペラモーブ/スーパーブラックの2トーン

 今回の仕様変更は、フロントマスクの刷新やアルミホイールの変更、ボディカラー設定の見直し、機能装備のバージョンアップなどがメインメニューだ。

 まずフロントマスクには、新たにイルミネーション付きのブランドエンブレムを配備。また、グリルはシームレスでシンプルな形状のなかに日本の伝統的な木組みパターンのような作り込みを施し、より先進的で印象深いマスクを創出する。一方、アルミホイールには新造形の17インチ(6.5J×17)と16インチ(6.5J×16)を装着。17インチはG/X・Vセレクション/e+Gに標準(X/e+Xにオプション)、16インチはX/e+Xに標準で装備し、タイヤは17インチに215/50R17 91Vサイズを、16インチに205/55R16 91Vサイズを組み合わせた。

▲新たにイルミネーション付きのブランドエンブレムを配備。グリルはシームレスでシンプルな形状のなかに日本伝統的な木組みパターンのような作り込みを施す
▲G/X・Vセレクション/e+Gに新造形の17インチアルミホイール(6.5J×17)を標準装備。タイヤは215/50R17 91Vサイズ
▲X/e+Xには新造形の16インチアルミホイール(6.5J×16)を標準で採用。タイヤは205/55R16 91Vサイズ

 ボディカラーに関しては、より白さを追求した「ピュアホワイトパール」と、漆黒感とパールの煌めきを表現した「ミッドナイトブラック」を新たに設定。さらに「オペラモーブ/スーパーブラック」の2トーンを加えて、全15種類の豊富なカラーバリエーションをラインアップした。

▲ボディカラーは全15種類をラインアップ。写真は暁-アカツキ-サンライズカッパー/スーパーブラックの2トーン
▲漆黒感とパールの煌めきを表現したミッドナイトブラックのボディカラーを新設定

 機能面では、インテリジェントルームミラーの解像度をアップ。視認性を向上させて、より安心で快適なドライブを実現した。

▲インテリアデザインは基本的に従来を踏襲。9インチワイドディスプレイやEV専用NissanConnectナビゲーションシステム、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンなどを標準で装備する。写真はe+Gのブラック内装
▲e+Gは本革シートを標準装備。カラーはブラック(写真)とエアリーグレーを設定
▲G/X/X・Vセレクション/e+XはバイオPET織物のシート表皮を採用。カラーはブラックとエアリーグレー(写真)を設定
▲インテリジェントルームミラーの解像度を高めて視認性を向上させる

 NISMOについては、専用造形のフロントバンパーやサイドシルプロテクター、リアバンパー、18インチアルミホイール(7J×18、タイヤは225/45R18 95Yサイズのコンチネンタル ContiSportContact5)を、新世代のNISMOデザインのカラーリングに変更。ボディカラーはブリリアントシルバー/スーパーブラックとダークメタルグレー/スーパーブラックの2種類の専用2トーンカラーや新色のピュアホワイトパールおよびミッドナイトブラックを含めて、全9タイプを設定した。

▲日産リーフNISMO 価格:418万2200円 全長4510×全幅1790×全高1570(可倒式ルーフアンテナ装着時1550)mm ホイールベース2700mm 車重1520kg 乗車定員5名 一充電走行距離はWLTCモードで281km
▲専用造形のフロントバンパーやサイドシルプロテクター、リアバンパー、18インチアルミホイール(7J×18)を新世代のNISMOデザインのカラーリングに刷新
▲NISMO専用の本革・アルカンターラ巻3本スポークステアリングや車速感応式電動パワーステアリング、コンビメーター、レッド&グレー・ツインステッチ入りクロス表皮シートなどを標準装備

 パワートレインは基本的に従来と共通で、標準仕様に110kW/320Nmを発生するEM57型モーターと総電力量40kWhの駆動用リチウムイオンバッテリー、e+モデルに160kW/340Nmを発生するEM57型モーターと総電力量60kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載している。

▲パワートレインは基本的に従来と共通。e+モデルには160kW/340Nmを発生するEM57型モーターと総電力量60kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報