ー 

日産リーフのオーテックモデルがインテリアデザインを一新

Writer:大貫直次郎 

日産リーフのマイナーチェンジに合わせてオーテック(AUTECH)モデルも仕様変更。インテリアをブラック基調でコーディネートするなどエレガントさをさらに追求

 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2022年4月21日、日産リーフのマイナーチェンジに合わせて日産リーフ・オーテック(AUTECH)の仕様変更を実施し、今夏に発売すると発表した。

▲日産リーフ・e+オーテック 価格:457万7100円 全長4480×全幅1790×全高1565(可倒式ルーフアンテナ装着時1545)mm ホイールベース2700mm 車重1680kg 乗車定員5名 一充電走行距離はWLTCモードで443km 写真のボディカラーはオーロラフレアブルーパール/スーパーブラックの2トーン

車種展開は以下の通り。
オーテック(バッテリーサイズ40kWh):406万1200円
e+オーテック(バッテリーサイズ60kWh):457万7100円
車両価格は従来同グレード比でオーテックが3万9600円ダウン、e+オーテックが11万5500円ダウンと、より購入しやすい価格に変更している。

▲ボディカラーはマイナーチェンジ版リーフで新採用したピュアホワイトパールも選択可

 今回の仕様変更は、インテリアデザインの刷新が訴求点だ。上質な素材やオーテックブランドを象徴するブルーステッチによるプレミアムな仕立てはそのままに、全体をブラック基調でコーディネート。装備としては、ブラッククリスタルスエード&レザレットコンビシートやブラックレザレットドアトリム、ブラックレザレットセンターコンソールリッド、ダークウッド調インストパネルなどを配する。また、エアコン吹き出し口にシルバーフィニッシャーを採用して、よりエレガントでシックな室内空間を創出した。

▲上質な素材やオーテックブランドを象徴するブルーステッチによるプレミアムな仕立てはそのままに、インテリア全体をブラック基調でコーディネート
▲エアコン吹き出し口にシルバーフィニッシャーを、インストパネルにダークウッド調を採用する
▲ブラッククリスタルスエード&レザレットコンビシートを装着

 ボディカラーは専用色のオーロラフレアブルーパール/スーパーブラック2トーンのほか、マイナーチェンジ版リーフで新採用したピュアホワイトパールとミッドナイトブラックを含めて、全7タイプをラインアップ。従来と同様、エクステリアには専用フロントグリル/フロントバンパー(バンパー下部メタル調フィニッシュ)/サイドシルフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)/リアバンパーフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)/AUTECHエンブレム、専用シグネチャーLED、専用6.5J×17アルミホイール+215/50R17 91Vタイヤなどを装備した。

▲マイナーチェンジ版リーフで新採用したミッドナイトブラックのボディカラーも設定
▲点灯時はブルーに輝く専用シグネチャーLEDを装備
▲足もとには専用6.5J×17アルミホイール+215/50R17 91Vタイヤを装着

 パワートレインは基本的に従来と共通で、標準仕様に110kW/320Nmを発生するEM57型モーターと総電力量40kWhの駆動用リチウムイオンバッテリー、e+モデルに160kW/340Nmを発生するEM57型モーターと総電力量60kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載している。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報