ー 

アウディA8が大幅アップデート。S lineスタイリング/インテリアオプションパッケージを新設定

Writer:大貫直次郎 

アウディのフラッグシップセダンのA8と旗艦スポーツセダンのS8がマイナーチェンジ。エクステリアデザインの刷新や機能装備のバージョンアップ、パッケージオプションの拡充などを敢行

 アウディ・ジャパンは2022年4月21日、フラッグシップセダンのA8および旗艦スポーツセダンのS8の商品改良を行い、本年7月に発売予定と発表した。

▲アウディA8 55TFSIクワトロ 価格:8SAT1190万円 全長5190×全幅1945×全高1470mm ホイールベース3000mm 車重2030kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費9.5km/リットル

車種展開は以下の通り。
A8 55TFSIクワトロ:1190万円
A8 60TFSIクワトロ:1635万円
A8L 60TFSIクワトロ:1800万円
S8:2050万円

▲アウディA8 60TFSIクワトロ 価格:8SAT1635万円 全長5190×全幅1945×全高1470mm ホイールベース3000mm 車重2100kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費8.0km/リットル

 3年半ぶりの大幅アップデートとなる今回のA8シリーズの改良は、エクステリアデザインの刷新や機能装備のバージョンアップ、パッケージオプションの拡充などを実施して、最新のアウディ言語に則った先進的かつインテリジェントなフラッグシップセダンに仕立て直したことが特徴である。

▲シングルフレームグリルは底辺を広げることでよりインパクトを強め、同時にクロームインサートを配してプレステージ性を高める
▲リアコンビネーションランプには最新のマトリクスOLEDリアライトを標準装備
▲バルコナレザーおよびエクステンデッドレザーやエスクテンデッドアルミニウムルックインテリアなどを採用して上質で快適な室内空間を演出。ハンドル位置は右/左の選択が可能

 まずエクステリアは、フラッグシップサルーンにふさわしいプレステージ性と存在感を創出する目的で前後デザインを刷新。アウディのアイデンティティであるシングルフレームグリルは、底辺を広げることでよりインパクトを強め、同時にクロームインサートを配してプレステージ性を高める。また、サイドエアインテークもクロームによって強調。6ライトのキャビンデザインやなだらかに傾斜するリアエンドなどと合わせて、端正かつエレガントなフォルムを実現する。さらに、彫刻的なデザインのフェンダーはオリジナルのクワトロ(quattro)を彷彿とさせる力強さを表現。そして、リアコンビネーションランプをLEDライトストリップで結び、後ろ姿の高級感をいっそう引き上げた。リアランプ自体は、最新のマトリクスOLEDリアライトを全車に標準装備。薄くて軽量、かつデザインの自由度が高く、消費電力の少ない有機発光ダイオード(OLED)を採用した同アイテムは、走行モードによってその表情を変えるとともに、後続車が2m以内に近づくとすべてのOLEDセグメントを点灯させることで車間距離の接近を警告する機能を備えている。

▲アウディA8L 60TFSIクワトロ 価格:8SAT1800万円 全長5320×全幅1945×全高1485mm ホイールベース3130mm 車重2160kg 乗車定員5名(後席2名乗車コンフォートパッケージ選択時は4名) WLTCモード燃費8.0km/リットル
▲後席2名乗車コンフォートパッケージはコンフォートコンツアーリアシートやリアフットレスト、リアシートリモート、シートベンチレーションマッサージ機能、センターアームレストヒーター、ドアアームレストヒーター、リアシートモニターなどを採用

 内包するインテリアは、上質で開放的なラウンジをイメージしたキャビン空間に仕立てる。インパネは幅広さを強調するために、水平基調のシンプルで上品なデザインで構成。バルコナレザーおよびエクステンデッドレザーやエスクテンデッドアルミニウムルックインテリアなど、素材のクオリティにこだわることで、快適で質の高い室内空間を演出した。機能装備として、最新のバーチャルコクピットやヘッドアップディスプレイ、10.1インチ高解像度アッパースクリーンおよび8.6インチ高解像度ロワースクリーン、MMIタッチレスポンス付MMIナビゲーション、Audi connect、マルチカラーアンビエントライティングなどを採用したこともトピックだ。

▲S lineスタイリングパッケージはブラックハニカムパターンのグリルなどを配するS lineエクステリアや5ダブルスポーク(Sスタイル)ガルヴァノシルバー9J×20アルミホイール+265/40R20タイヤなどで構成
▲S lineインテリアプラスパッケージはピアノブラックのデコラティブパネルやブラックのヘッドライニング、3スポークマルチファンクションステアリングホイールおよびパドルシフトヒーター、コンフォートセンターアームレスト(フロント)などを配備

 パッケージオプションとしては、A8シリーズに初めてS lineスタイリング/インテリアプラスパッケージを設定したことが訴求点。S lineスタイリングパッケージは、ブラックハニカムパターンのグリルなどを配するS lineエクステリアや5ダブルスポーク(Sスタイル)ガルヴァノシルバー9J×20アルミホイール+265/40R20タイヤ、コンフォートスポーツシート、バルコナレザーダイヤモンドステッチングで構成。一方でS lineインテリアプラスパッケージには、ピアノブラックのデコラティブパネルやブラックのヘッドライニング、3スポークマルチファンクションステアリングホイールおよびパドルシフトヒーター、コンフォートセンターアームレスト(フロント)、Sロゴ入りドアシルトリム、ステンレスペダルカバーを配備した。パッケージオプションとしてはほかにも、ブラックAudi rings&ブラックスタイリングパッケージ、Audiデザインセレクション パステルシルバー、コンフォートパッケージ、アシスタンスパッケージなどを設定している。

▲ブラックAudi rings&ブラックスタイリングパッケージは全モデルで選択可

 パワートレインについては、55TFSIに2994cc・V型6気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボエンジン(最高出力340ps/5000~6400rpm、最大トルク500Nm/1370~4500rpm)+48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)+8速ティプトロニック+4WD(クワトロ)を、60TFSIに3996cc・V型8気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボエンジン(最高出力460ps/5500rpm、最大トルク660Nm/1850~4500rpm)+48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)+8速ティプトロニック+4WD(クワトロ)を搭載。MHEVシステムは、リチウムイオンバッテリーとベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)によって減速時には最大12kWの回生エネルギーをリチウムイオンバッテリーに送り込むことが可能で、またコースティング(惰力走行)時のエンジン完全停止に加えて、アイドリングストップの動作速度を22km/hへと高めたことにより、100km走行あたり最大0.7リットル(欧州値)の使用燃料削減を実現する。WLTCモード燃費は、55TFSIが9.5km/リットル、60TFSIが8.0km/リットルを成し遂げた。

▲60TFSIは3996cc・V型8気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボエンジン(460ps/660Nm)+48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)+8速ティプトロニック+4WD(クワトロ)でパワートレインを構成

 基本骨格に関しては、ボディパネルやフレーム部分にアルミニウム材を、キャビンに熱間成型スチールコンポーネントとカーボンファイバー(CFRP)のパネルを、ストラットタワーバーにマグネシウム材を採用するなどして、高いボディ剛性と軽量化を高次元で両立。前後ダブルウィッシュボーン式で構成するシャシーには、快適な乗り心地とスポーティなハンドリングを両立するアダプティブエアサスペンションを標準装備する。また、先進のプレディクティブアクティブサスペンションをオプションで用意(S8 には標準装備)。同サスペンションは、車両が路面や走行条件を先読みし、それぞれ1100Nmを発生する電動モーターを内蔵する4つのサスペンションを瞬時に独立制御することで、車両の姿勢変化を整える仕組みだ。
 先進安全運転支援システムの充実ぶりも見逃せない。従来のアダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブドライブアシスト(ADA)をはじめ、フロント、リア、サイドと全方位で事故を予防し、衝撃を軽減するアウディプレセンス360、駐車などの際に車両の前後だけでなくタイヤの周辺の状況を3Dビューにより確認し、ホイールが縁石などに接触してダメージを受けることを未然に防ぐカーブストーンアシストなど、最新のセーフティ機能やドライバーアシスタンスシステムを組み込んでいる。

▲アウディS8 価格:8SAT2050万円 全長5190×全幅1945×全高1475mm ホイールベース3000mm 車重2260kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費8.2km/リットル

 旗艦スポーツセダンのS8に話を移そう。
 エクステリアは、専用デザインの前後バンパーやアルミニウムルックインサートにより精悍さを増したハニカムデザインのシングルフレームグリル、専用の点灯パターンを配するOLEDリアコンビネーションランプ、4本出しの楕円エキゾーストフィニッシャー、5ダブルスポークスターデザインの21インチアルミホイールなどを装備して、パフォーマンスの高さをルックスで表現。一方でインテリアは、ブラックの内装カラーを基調に、フルレザーパッケージやバルコナレザーの専用スポーツシート、カーボンベクターのデコラティブパネルなどを組み込んで、スポーティさと上質さを高い次元で融合させる。ボディカラーには、S8およびS lineエクステリアパッケージ専用となるデイトナグレーパールエフェクトやウルトラブルーメタリックといった新色をラインアップした。

▲アルミニウムルックインサートにより精悍さを増したハニカムデザインのシングルフレームグリルを配備
▲専用の点灯パターンを配するOLEDリアコンビネーションランプや4本出しの楕円エキゾーストフィニッシャーなどを採用してS8ならではのハイパフォーマンスぶりを演出
▲フルレザーパッケージやバルコナレザーの専用スポーツシート、カーボンベクターのデコラティブパネルなどを組み込んでスポーティさと上質さを高い次元で融合。ハンドル位置は右/左の選択が可能

 パワートレインは、3996cc・V型8気筒DOHC直噴インタークーラー付ターボエンジン(最高出力571ps/6000rpm、最大トルク800Nm/2050~4500rpm)+48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)+8速ティプトロニック+4WD(クワトロ)で構成。足回りには先進のプレディクティブアクティブサスペンションを、駆動系にはリアスポーツディファレンシャルを、操舵系にはダイナミックオールホイールステアリングを標準で採用する。また、先進安全運転支援システムとしてアウディアクティブレーンアシスト/エマージェンシーアシストを標準で組み込んだ。

▲パワーユニットには48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した専用チューニングの3996cc・V型8気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジン(571ps/800Nm)を搭載

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報