ー 

三菱ミラージュが機能装備の充実化を図って魅力度アップ

Writer:大貫直次郎 

三菱自動車がコンパクトハッチバックのミラージュを一部仕様変更。フロントドアガラスの改良などを実施

 三菱自動車は2022年6月9日、コンパクトカーのミラージュの仕様変更を行い、同日より発売した。

▲三菱ミラージュ・ブラックエディション 2トーンカラー 価格:CVT162万8000円 全長3855×全幅1665×全高1505mm ホイールベース2450mm 車重900kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費20.0km/リットル

車種展開は以下の通り。
ブラックエディション 2トーンカラー:162万8000円
ブラックエディション モノトーンカラー:161万1500円
G:158万4000円
M:145万7500円

▲三菱ミラージュG 価格:CVT158万4000円 全長3855×全幅1665×全高1505mm ホイールベース2450mm 車重900kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費20.0km/リットル

 今回の商品改良は、機能装備の拡充を図ってコンパクトカーとしての訴求力をより引き上げたことが特徴である。
 まず、フロントドアガラスを従来の99%UV(紫外線)カットガラスから、99%UVカットおよびIR(赤外線)カットガラスに変更。日差しによる暑さやジリジリ感を軽減し、夏場の快適性を向上させた。

▲フロントドアガラスに99%UVカットおよびIR(赤外線)カットガラスを新装備①。従来より継続するフロントウィンドシールドのUVカットガラス②、リアドアガラス/リアゲートガラスのUVカット機能付プライバシーガラス③と合わせて、快適な室内空間を実現

 次に、従来はメーカーオプション設定であった寒冷地仕様を標準で採用(エンジン始動直後から温風を送り出すスタートアップヒーターはGとMに2万4200円のオプション設定)。寒冷地仕様ラジエータークーラントと寒冷地対応バッテリーを組み込んで、冬場の信頼性をいっそう高めた。

▲Gグレードの内装。従来はメーカーオプション設定であった寒冷地仕様を標準で採用する。 シート表皮はブラックファブリック(シルバーステッチ付)
▲ブラックエディションは本革巻きステアリングホイールや本革巻きシフトノブ、ドアアームレストにレッドステッチを配する。シート表皮には専用のブラック&レッドファブリックを採用

 パワートレインは基本的に従来と共通で、3A92型1192cc直列3気筒DOHC12V・MIVECエンジン(最高出力78ps/6000rpm、最大トルク10.2kg・m/4000rpm)+INVECS-Ⅲ CVTを搭載している。

▲パワートレインには1192cc直列3気筒DOHC12V・MIVECエンジン(78ps)+INVECS-Ⅲ CVTを搭載。駆動方式は2WD(FF)

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る