ー 

日産の新型軽EV「サクラ」が6月16日より販売開始。発表からの受注は1万1000台を突破

Writer:大貫直次郎 

日産が第3の電気自動車「サクラ」を6月16日に発売。5月20日発表からの予約受注は1万1429台を記録。ボディカラーの1番人気はホワイトパール

 日産自動車は2022年6月13日、軽規格の新型電気自動車「サクラ(SAKURA)」を6月16日より発売するとアナウンス。合わせて、5月20日発表からの受注状況を公表した。

サクラの車種展開は以下の通り。
S:233万3100円
X:239万9100円
G:294万300円

▲日産サクラG 価格:294万300円 全長3395×全幅1475×全高1655mm ホイールベース2495mm 車重1080kg 乗車定員4名 最小回転半径4.8m 一充電走行距離はWLTCモードで180km 最上位のGグレードは受注全体のうちの36%を記録。写真のボディカラーは2番人気のホワイトパール/チタニウムグレー 2トーン

 日産にとってリーフ、アリアに続く第3の電気自動車となるサクラは、日産と三菱自動車の合弁会社NMKVで商品企画を手がけた新しい軽EVで、同日に発表された三菱eKクロス EVと基本コンポーネントを共用する。パワーユニットは、最高出力47kW/2302~1万455rpm、最大トルク195Nm/0~2302rpmを発生するMM48型モーターと減速機、DC/DCコンバータをフロントに、総電力量20kWhを確保したユニバーサルスタック構造のリチウムイオン電池をフロア下に配備して前輪を駆動。一充電走行距離はWLTCモードで180km、交流電力消費率は124Wh/kmを実現した。
 生産は2車ともに岡山県倉敷市に居を構える三菱自動車の水島製作所で行う。一方、三菱自動車が新型軽EVをeKクロス・シリーズの1モデルに据えたのに対し、日産はデイズやルークスとは別展開の、独立したシリーズとしてラインアップした。ちなみに、車名のサクラは「日本の電気自動車の時代を彩り、代表するクルマとなってほしい」という願いから、日本を象徴する花である桜に由来。社内公募によって決定したそうだ。

▲日産サクラX 価格:239万9100円 全長3395×全幅1475×全高1655mm ホイールベース2495mm 車重1070kg 乗車定員4名 最小回転半径4.8m 一充電走行距離はWLTCモードで180km 標準仕様のXは受注全体のうちの61%と、最も人気の高いグレードとなる。写真のボディカラーは3番人気の暁-アカツキ-サンライズカッパー/ブラック 2トーン

 受注状況を見ていこう。
 グレードでは、最上級モデルのGが全体のうちの36%、標準グレードのXが61%、ベーシック仕様のSが3%という内訳。また、先進安全運転システムのアラウンドビューモニターを、7割以上のユーザーが選択している。
 ボディカラーに関しては、全15色のうち、ホワイトパールを21%のユーザーが選択。以降はホワイトパール/チタニウムグレー 2トーンが15%、暁-アカツキ-サンライズカッパー/ブラック 2トーンが12%、スターリングシルバーが9%、ブラックが7%、その他が36%という構成となった。

▲ボディカラーの1番人気はホワイトパールで、受注全体のうちの21%を占める
▲定番カラーともいえるスターリングシルバーは受注全体のうちの9%を占めた

 年齢層については、60代が全体のうちの26%と最も高く、以降は50代が24%、70代~が21%、40代が18%、~30代が11%と続く。
 日産は「2台目以降の複数所有車の方、そして以前より電気自動車に興味をお持ちのガソリン車等を所有の方からの代替えが多い傾向」「他の軽自動車と同様に、多くの年配の方から注文をいただいているが、先進技術装備の充実をフックに、若い世代をはじめ幅広いユーザーから好評を得ている」とコメントしている。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る