ー 

BMW2シリーズにクロスオーバーモデルの新型アクティブツアラーを設定

Writer:大貫直次郎 

BMWが第2世代の新型2シリーズ・アクティブツアラーを発売。ダイナミックでモダンなクロスオーバーデザインに、先進的なコクピットと広いラゲッジ空間を内包

 BMWジャパンは2022年6月14日、2シリーズにプレミアムコンパクトSAT (スポーツ・アクティビティ・ツアラー)のアクティブツアラーを設定し、同日より販売を開始した。ユーザーへの納車は本年6月以降を予定している。

▲BMW218iアクティブツアラー・エクスクルーシブ 価格:7DCT447万円 全長4385×全幅1825×全高1580mm ホイールベース2670mm 車重1530kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費14.1km/リットル

車種展開は以下の通り。
218iアクティブツアラー:418万円
218iアクティブツアラー・エクスクルーシブ:447万円
218iアクティブツアラー・Mスポーツ:447万円
218dアクティブツアラー:447万円
218dアクティブツアラー・エクスクルーシブ:476万円
218dアクティブツアラー・Mスポーツ:476万円

▲BMW218iアクティブツアラー・Mスポーツ 価格:7DCT447万円 全長4385×全幅1825×全高1565mm ホイールベース2670mm 車重1530kg 乗車定員5名 WLTCモード燃費14.1km/リットル

 BMW2シリーズ・アクティブツアラーは、ダイナミックなスタイリングとスポーティな運動性能に、MPVモデルのような広々とした室内空間と高い機能性、快適性を融合したクロスオーバーモデルとして、2014年に初登場して以来、市場で高い人気を誇っている。今回発売されたモデルはその第2世代となる新型(U06)で、よりスポーティかつエレガントなスタイリングに、機能性と先進性をアップさせたインテリア、そして最新のコネクティビティなどを採用して、プレミアムコンパクトSATとしての魅力度をいっそう引き上げたことが特徴である。

▲八角形をモチーフとした大型キドニーグリルや両サイドに流れるような造形で仕立てたアダプティブLEDヘッドライトなどによって印象的なフロントマスクを演出。写真の装着ホイールはMスポーツにオプション設定の18インチMライトアロイホイール・ダブルスポーク“スタイリング838M”バイカラー(ダークグレー)

 エクステリアはハッチバックとSUVを融合させたダイナミックでモダンなクロスオーバースタイルを基調に、八角形をモチーフとした大型キドニーグリルや両サイドに流れるような造形で仕立てたアダプティブLEDヘッドライト、フラットなAピラーと伸びやかなサイドウィンドウグラフィック、フラッシュマウントのドアハンドル、シャープな横長デザインのLEDリアコンビネーションランプ、排気口を車両下部に隠したうえでリフレクターまわりにブラケットを配したリアバンパーおよびリアスカートなどによって、シームレスかつスポーティなルックスを実現する。また、エクスクルーシブにはBMW Individualサテンアルミニウムラインエクステリアを、MスポーツにはMハイグロスシャドーラインエクステリアを装備した。ボディサイズは従来比で35mm長く、25mm幅広く、30mm高く、ホイールベースが同寸の全長4385×全幅1825×全高1580(Mスポーツ1565)mm/ホイールベース2670mmに設定している。

▲逞しいショルダーとスリムなLEDリアコンビネーションランプの絶妙な対比がスポーティな躍動感を漂わせる
▲エクスクルーシブには19インチBMW Individualマルチスポーク“スタイリング839I”アロイホイール バイカラー(ブラック)をオプションで用意

 内包するインテリアは、BMWらしくスポーティで洗練されたデザインに仕立てるとともに、広々とした居住空間を創出する。BMWライブコックピットのドライバー空間には、10.25インチのフルデジタル式インフォメーションディスプレイと10.7インチのコントロールディスプレイを一体アレンジで構成したBMWカーブドディスプレイを装備。ディスプレイ自体は運転席側に傾けることで視認性を高めつつ、タッチ操作によって使い勝手を向上させた。また、センターコンソールには空中に浮かんでいるかのような造形のアイランド型を採用。シフトはレバー式からスイッチノブ式に変更し、合わせてMY MODESなど運転に関するすべての機能の集約、ならびにQi 対応機器(スマートフォン等)のワイヤレス充電トレイなどを配して、モダンかつ利便性に優れるセンター部を実現した。

▲エクスクルーシブの内装。10.25インチのフルデジタル式インフォメーションディスプレイと10.7インチのコントロールディスプレイを一体アレンジで構成したBMWカーブドディスプレイを装備。日本導入モデルのハンドル位置は右
▲Mスポーツの内装。マルチファンクションMスポーツ・レザーステアリングホイール(シフトパドル付)やアルミヘキサキューブダークインテリアトリム/パールクロームハイライトを専用装備。日本導入モデルのハンドル位置は右

 シートに関しては、前席にスタンダードシートまたはスポーツシートを、後席にスルーローディング(40:20:40分割可倒式、130mmスライド機構付き)シートを採用。表皮はエクスクルーシブにパーフォレーテッドセンサテックを、Mスポーツにアルカンタラ/センサテックコンビネーションを張る。後席空間は従来よりも拡大。ラゲッジスペースは後席使用時で406~470リットル、後席格納時で最大1455リットルの容量を確保し、合わせてオートマチックテールゲートオペレーション(オープン/クローズ)を設定した。

▲エクスクルーシブにはパーフォレーテッドセンサテック表皮のフロントシートを標準装備。ヴァーネスカレザーシート(写真)はオプション設定
▲後席にはスルーローディング(40:20:40分割可倒式、130mmスライド機構付き)シートを配備
▲Mスポーツはアルカンタラ/センサテックコンビネーション表皮のスポーツシートを装着
▲ラゲッジスペースは後席使用時で406~470リットル、後席格納時で最大1455リットルの容量を実現

 パワートレインは218i系に1498cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(最高出力156ps/5000rpm、最大トルク230Nm/1500~4600rpm)+7速DCTを、218d系に1995cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(最高出力150ps/4000rpm、最大トルク360Nm/1500~2500rpm)+7速DCTを搭載。駆動方式は、いずれもFFを採用する。WLTCモード燃費は218i系が14.1km/リットル、218d系が19.5km/リットルを成し遂げた。一方、懸架機構は専用セッティングの前シングルジョイントスプリングストラット式/後マルチリンク式で構成。Mスポーツにはアダプティブ M サスペンションを組み込んでいる。

▲パワートレインは1498cc直列3気筒DOHC直噴ガソリンターボエンジン(156ps/230Nm)+7速DCTと1995cc直列4気筒DOHCコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジン(150ps/360Nm)+7速DCTの選択可

 安全機能・運転支援システムに関しては、高性能3眼カメラ&レーダーおよび高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が増した最新のドライビング・アシスト・プラスを標準で装備。機能としては、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)やレーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)およびレーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィックウォーニング、ペダル踏み間違い急発進抑制機能などを採用する。また、標準装備のパーキングアシスタントにはリバースアシスト機能も組み込んだ。
 コネクティビティ関連では、車載通信モジュールによりドライバーとクルマ、そして取り巻く情報をITネットワークでつなぎ、またAmazon Alexaに対応した新スマートフォン向けアプリ「My BMW」が活用できる最新バージョンの「BMWコネクテッドドライブ」を採用。合わせて、AI技術を駆使することで、音声会話だけで車両の操作や情報へのアクセスが可能となる「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」を設定した。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る