• TOP
  • 【最新モデル試乗】9年ぶりのフルチェンジで全面進化。308で開花したフレンチライオン、プジョーの実力

 ー 

【最新モデル試乗】9年ぶりのフルチェンジで全面進化。308で開花したフレンチライオン、プジョーの実力

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

プジョー308GTブルーHDi 価格:8SAT 396万9000円 試乗記

プジョー308GTブルーHDi GTは18インチタイヤ/専用エアロパーツ/テップレザー&アルカンタラシートなどを装着したスポーティグレード HDiは1.5リッター直4ディーゼルターボを搭載
プジョー308GTブルーHDi GTは18インチタイヤ/専用エアロパーツ/テップレザー&アルカンタラシートなどを装着したスポーティグレード HDiは1.5リッター直4ディーゼルターボを搭載

新型は存在感を大幅アップ! ワイドバリエーションで登場

 最新3rdプジョー308がデビューした。308は、VWゴルフと同クラスの、欧州Cセグメントを代表するモデルだ。従来型同様、5ドアのハッチバックと「SW」の名称で販売されるステーションワゴンをラインアップする。

 ハッチバックモデルを目にした第一印象は、「立派になった」というものだった。
 ボディサイズは全長×全幅×全高4420×1850×1475mm。従来型比で全長が145mm、全幅は45mmも拡大した。2680mmのホイールベースは60mm長くなっている。エクステリア各部のデザインが、存在感を強めたこともあって、歴代308の中で最もインパクトを放つルックスの持ち主である。

 デザインを一新し、全体の質感を向上させたインテリアも見どころ。「iコクピット」を謳うダッシュボード回りのレイアウトを踏襲しながらも、「9年ぶりのフルモデルチェンジ」にふさわしい新鮮さを放つ。造形が新しいだけでなく、機能性も高水準である。

 日本仕様のパワーユニットは、3種類。1.2リッター直3ターボ(130ps/230Nm)と、1.5リッター直4ディーゼルターボ(130ps/300Nm)、そして1.6リッター直4ターボ(180ps/250Nm)+モーター(110ps/320Nm)のプラグインハイブリッドだ。いずれもトランスミッションは8速ステップATを組み合わせる。

全長×全幅×全高4420×1850×1475mm 従来比145mm長く/45mmワイド
1498cc直4DOHC16Vディーゼルターボ 130ps/300Nm 低回転域からトルクフル WLTCモード燃費21.6km/リッター
225/40R18タイヤ+スポーク形状アルミ標準 足回りは硬質なセッティング

骨格自体が新しい印象。完成度が高く、しかも静か!

 試乗車は、ディーゼルエンジンを搭載したハッチバックである。
 走り初めて最初に感じたのは、「骨格が新しい」という印象だった。実際には、新型のプラットフォームは従来の大幅リファイン版。だが、強靭なボディ剛性感や接地性の高さ、ライントレース性の優秀性などから「これは骨格から刷新されているに違いない」という感触を受けた。端的にいうと、最大のライバルと目されるVWゴルフ8以上に新しいと思わせてくれた。

 走りは完成度が高い。耳に届く音質から、ディーゼルエンジンを搭載していることは明らかにわかる。しかし、そのボリュームは低く、静粛性に対する不満は抱かない。
 エンジンが低回転域から太いトルクを生み出し、さらに8速ATとの組み合わせによって、日常シーンでは低い回転数が常用される点が好印象に繋がっている。

 フットワークのテイストは、やや硬質。この味付けも前述のような「しっかり感の演出」にプラスをもたらしている。ただしユーザーによっては、「フランス車らしい味わいが希薄」という声が出るかもしれない。
 新型308は最新欧州車らしい、骨太な作り込みが印象的。VWゴルフ8に強敵が出現した。

フロントマスクはダイナミックな形状 グリル部の大型プジョーエンブレムに安全・運転支援機能用のレーダーをビルトイン
インパネは「iコクピット」 ハイマウントメーターと小径ステアリングの組み合わせ 新型は多機能10インチタッチスクリーン標準 スイッチ類の見直しで先進の操作性を実現した 作りは上質
前席はサポート性に優れたスポーツ形状 前後席ともスペース性十分 室内カラーはブラック基調 引き締まったイメージ
荷室スペースはクラス平均レベル 後席は6対4分割 倒すと段差が生まれる
メーターは多彩なデザインが選べるフル液晶式 ナビ情報も呼び出せる便利設計 安全装備表示機能も充実
10インチタッチスクリーンはナビゲーション一体型 空調コントロールや各種車両設定を統合した設計
ACCスイッチは従来のコラム部からステアリングに移動 操作性が向上した

プジョー308主要諸元と主要装備

グレード=GTブルーHDi
価格=8SAT 396万9000円
全長×全幅×全高=4420×1850×1475mm
ホイールベース=2680mm
トレッド=フロント:1550mm×リア:1545mm
車重=1420kg
エンジン=1498cc直4DOHC16Vディーゼルターボ(軽油仕様)
最高出力=96kW(130ps)/3750rpm
最大トルク=300Nm(30.6kgm)/1750rpm
WLTCモード燃費=21.6km/リッター(燃料タンク容量53リッター)
(市街地/郊外/高速道路:17.1/21.6/24.4km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=225/40R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.3m
主要燃費改善項目:コモンレール式筒内直接噴射/アイドリングストップ/電動パワーステアリング

主要装備:アクティブセーフティブレーキ/レーンポジショニング&レーンキープアシスト/アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)/前後バックソナー/ワイドバックアイカメラ/360度ビジョン/ヒルスタートアシスト/エレクトリックパーキングブレーキ/ブラインドスポットモニター(ロングレンジ)/トラフィックサインインフォメーション/ドライバーアテンションアラート/マトリックスLEDヘッドライト/インテリジェントハイビーム/スポーティフロントグリル/フロント&サイドスカート/スーパーティンテッドガラス/ラミネーテッドフロントサイドウィンドウ/リアアンダークロームデコレーション/左右独立温度調節式オートAC/エアクオリティシステム/クリーンキャビン/デジタルヘッドアップインパネ/本革巻き小径スポーツステアリング/ステアリングヒーター/パドルシフト/ドライブモードセレクター/テップレザー&アルカンタラシート/運転席電動調節機能/PEUGEOTミラースクリーン/インテリアアンビエントライト/プジョーiコネクト10インチタッチスクリーン(ナビ機能付き)/18インチアルミ
ボディカラー:オリビン・グリーン
※価格はすべて消費税込み

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る