ー 

スズキ・アルト・ラパンがマイナーチェンジ。新シリーズの「アルト・ラパンLC」を設定

Writer:大貫直次郎 

スズキのファッショナブル軽乗用車のアルト・ラパンが機能・安全装備を拡充。どこか懐かしさを感じさせるデザインを纏った新シリーズの「アルト・ラパンLC」も追加

 スズキは2022年6月17日、アルト・ラパンの一部仕様変更を実施し、合わせて新シリーズの「アルト・ラパンLC」を追加して、同日より発売した。

▲スズキ・アルト・ラパンX(2WD) 価格:CVT149万6000円 全長3395×全幅1475×全高1525㎜ ホイールベース2460mm 車重680kg  WLTCモード燃費26.2km/リットル 写真のボディカラーは新色のテラコッタピンクメタリック×ソフトベージュ2トーンルーフ

車種展開は以下の通り。
■アルト・ラパン
G:2WD125万1800円/4WD136万4000円
L:2WD135万9600円/4WD146万4100円
X:2WD149万6000円/4WD159万7200円
■アルト・ラパンLC
L:2WD140万9100円/4WD151万3600円
X:2WD154万5500円/4WD164万6700円

▲スズキ・アルト・ラパンLC・X(2WD) 価格:CVT154万5500円 全長3395×全幅1475×全高1525㎜ ホイールベース2460mm 車重680kg  WLTCモード燃費26.2km/リットル 写真のボディカラーは新色のフォーンベージュメタリック×アーバンブラウン2トーンルーフ

 今回の変更は、安全装備および機能装備の拡充や、内外装カラーの見直しを図るとともに、新しいシリーズとして「アルト・ラパンLC」を追加設定し、ファッショナブル軽乗用車としての訴求力をいっそう高めたことが特徴である。

▲スズキ・アルト・ラパンL(2WD) 価格:CVT135万9600円 全長3395×全幅1475×全高1525㎜ ホイールベース2460mm 車重680kg  WLTCモード燃費26.2km/リットル 写真のボディカラーは新色のトラッドカーキメタリック

 まず安全装備では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備。また、全方位モニター用カメラパッケージ装着車には、すれ違い支援機能や左右確認サポート機能、3Dビュー表示機能を追加する。さらに、照射性に優れるLEDヘッドランプをLとXグレードに採用した。

▲全方位モニター用カメラパッケージ装着車にすれ違い支援機能を追加

 機能装備の面では、USB電源ソケット[Type-A/Type-C]を全車に標準装備。また、Xグレードには「ナノイーX」搭載フルオートエアコンと360°プレミアムUV&IRカットガラスを追加する。そして、7インチのディスプレイオーディオを採用し、バックアイカメラ映像の表示や様々な車両情報の確認を可能とした。

▲Xグレードには360°プレミアムUV&IRカットガラスを新設定
▲Xグレードには「ナノイーX」搭載のフルオートエアコンを新装備
▲7インチのディスプレイオーディオを新採用

 外装については、Xグレードにメッキフロントグリルを新装備。ボディカラーには新色のトラッドカーキメタリックとテラコッタピンクメタリックを設定し、合わせて2トーンルーフ仕様車のルーフ色にソフトベージュをラインアップする。一方で内装では、新シート色としてライトブラウンとライトグリーンを用意した。

▲アルト・ラパンはボディカラーに2トーンを4タイプ、モノトーンを7タイプ設定
▲Xグレードにはナチュラルインパネ(インパネガーニッシュ[グロスアイボリー]・インパネオーナメント[グレージュ木目調])を装備
▲新シート色としてライトブラウン(写真・上)とライトグリーン(同・下)を設定
▲Lグレードにはベージュのシート色を採用

 新シリーズのアルト・ラパンLCに話を移そう。
 外装デザインでは、2代目フロンテ(LC10)を彷彿させる、どこか懐かしさを感じさせるデザインを纏ったことが特徴。装備としては、専用アレンジのメッキフロントグリルガーニッシュやメッキヘッドランプガーニッシュ、LCエンブレム付メッキバックドアガーニッシュ、LEDサイドターンランプ付ドアミラー(Xグレード)などを採用する。足もとには、Xグレードにハーフホイールキャップ付14インチアルミホイールを、Lグレードに2トーンカラーの14インチフルホイールキャップ+スチールホイールを配備した。

▲スズキ・アルト・ラパンLC・L(2WD) 価格:CVT140万9100円 全長3395×全幅1475×全高1525㎜ ホイールベース2460mm 車重680kg  WLTCモード燃費26.2km/リットル 写真のボディカラーはソフトベージュメタリック
▲アルト・ラパンLC にはLCエンブレム付メッキバックドアガーニッシュを装備
▲Xグレードにはハーフホイールキャップ付14インチアルミホイール(写真・左)を、Lグレードには2トーンカラーの14インチフルホイールキャップ+スチールホイール(同・右)を装着

 ボディカラーについては、2トーンルーフ仕様車のルーフ色としてソフトベージュのほか、専用のアーバンブラウンを採用。展開としては、2トーンカラーを6タイプ、モノトーンを6タイプの計12タイプを用意している。

▲ボディカラーは2トーンカラーを6タイプ、モノトーンを6タイプの計12タイプを設定

 内包するインテリアは、ブラウンを基調としたレザー調&ファブリックシート表皮(トラッドブラウン)やダークブラウン×アイボリーで仕上げた本革巻ステアリングホイールなどを採用して、落ち着きのある上質なキャビン空間を演出。Xグレードには、シックインパネ(インパネガーニッシュ[ダークグレーパール、LCエンブレム付]・インパネオーナメント[ミディアムブラウン木目調])も装備した。

▲Xグレードにはシックインパネ(インパネガーニッシュ[ダークグレーパール、LCエンブレム付]・インパネオーナメント[ミディアムブラウン木目調])を設定。ステアリングにはダークブラウン×アイボリーで仕上げた本革巻タイプを装備
▲ブラウンを基調としたレザー調&ファブリックシート表皮(トラッドブラウン)を採用

 パワーユニットは全シリーズともR06A型658cc直列3気筒DOHC12V・VVTエンジン(最高出力52ps/6500rpm、最大トルク6.1kg・m/4000rpm)+CVTにエネチャージを組み合わせて搭載。WLTCモード燃費は2WDで26.2km/リットル、4WDで24.6km/リットルを実現している。

▲パワーユニットにはR06A型658cc直列3気筒DOHC12V・VVTエンジン(52ps/6.1kg・m)+CVTにエネチャージを組み合わせて搭載

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る