• TOP
  • 【最新モデル試乗】ルノー・アルカナは独自開発の賢いハイブリッド搭載。走りのいいクーペSUV

 ー 

【最新モデル試乗】ルノー・アルカナは独自開発の賢いハイブリッド搭載。走りのいいクーペSUV

Writer:河村康彦 Photo:小久保昭彦

ルノー・アルカナR.S.ラインE-TECHハイブリッド 価格:429万円 試乗記

ルノー・アルカナR.S.ラインEーTECHハイブリッド ルノー独自のハイブリッド機構はシリーズ方式を基本にエンジン走行モードを追加 エンジン側に4速/モーター側に2速の変速機を備える
ルノー・アルカナR.S.ラインEーTECHハイブリッド ルノー独自のハイブリッド機構はシリーズ方式を基本にエンジン走行モードを追加 エンジン側に4速/モーター側に2速の変速機を備える

アルカナはルノーの最新ハイブリッド技術を結集。F1由来のドッグクラッチ採用ミッション搭載

 ルノーのブランニューモデル、アルカナの日本導入がスタートした。アルカナは、「CMF」と名付けられた最新の設計思想で作られたクーペSUVである。
 CMFは、前後のアンダーボディやエンジン部分などの各モジュールを組み合わせる手法で、さまざまなサイズや異なるボディタイプ間での部品の共用化を図る仕組み。ルノーと日産、そして三菱自動車も加えた3者のアライアンスが採用する。

 アルカナの欧州仕様は、1.6リッター直4自然吸気エンジン+モーターのフルハイブリッドと、1.3リッター直3ターボ+モーターのマイルドハイブリッドの2種。日本仕様は、「E-TECHハイブリッド」と命名されたフルハイブリッドだ。

「ルノー独自開発」と紹介されるシステムはシリーズ式ハイブリッドをベースとしながら、エンジン出力を直接駆動輪に伝えるモードを備えたもの。その点ではホンダや三菱がすでに採用する方式と近い。ルノーの特徴は、エンジン側に4速、モーター側に2速の変速機を備える点にある。走行速度に応じた幅広い領域で、効率に優れたエンジン回転数を選択できるのが強みだ。

アルカナはCMF―B型モジュラープラットフォーム採用 駆動方式はFF
1597cc直4DOHC16V(94ps/148Nm)+モーター(49ps/208Nm)+サブモーター(20ps/51Nm)でシステムを構成 バッテリー容量は1.2kWh
215/55R18+カラーアクセント入りアルミ標準 最低地上高200mm

街乗りはEV感覚。気持ちのいい走りを実現。燃費もなかなか優秀だ

 実際のテストドライブでも、まずモーターの出力でスルスルと加速をした後、気づかぬ間にエンジンが始動。そちらが主体の走行になっている印象を受けた。
 変速時のショックは気にならず、エンジン回転数と車速がリンクしないラバーバンド感も薄い。ただし変速機は「4速AT」相当ゆえ、変速時のステップ比は大きい。上り勾配などで変速が繰り返されるビジー感が表れる場面もあった。この点だけはちょっと気になった。

 メインモーター出力は36kW(49ps)。スペック的にはパワフルではないが、街乗りシーンのほとんどをEV走行で賄うのに不足を感じなかった。これは2速のトランスミッションを上手く活用できているためと考えられる。
 速度が高まりエンジンが始動しても、そのノイズをロードノイズなど暗騒音に紛れこます制御にも感心した。

 アルカナはクーペ調のデザインながら、居住性は大人4名でのクルージングに問題なし。少々タイヤ踏面が硬い感触に「フランス車ならばもう少ししなやかな乗り味がほしい」というユーザーがいるかもしれないが、日本でも持て余さないサイズ感を含め、その商品力はなかなか高い。
 WLTCモードで22.8km/リッターという燃費を含め、魅力的なモデルである。

アルカナはエンジン側に4速/モーター側に2速のトランスミッションを採用。走りは気持ちいい
インパネは機能的 カーボン調パネルとレッドのアクセントがスポーティな印象 ACC/360度カメラ/イージーパーキングアシストなど安全・運転支援システム充実
シートはレザーとスエードのコンビ 前席は電動&ヒーター機能付き 座り心地&サポート性良好 室内スペースは広く快適
ラゲッジスペースはフラットで使いやすい ただし荷室フロア高はやや高め
メーターは10.25インチフル液晶 速度はデジタル シンプルで美しいグラフィックが印象的 各種表示モードが選べる
ドッグクラッチを採用した変速機は高効率設計 スムーズな制御で変速を意識させない
7インチタッチスクリーンはスマートフォン・ミラーリング機能付き バック時俯瞰情報も表示

ルノー・アルカナ主要諸元と主要装備

グレード=R.S.ラインEテックハイブリッド
価格=マルチモードAT 429万円
全長×全幅×全高=4570×1820×1580mm
ホイールベース=2720mm
トレッド=フロント1550×リア1560mm
最低地上高=200mm
車重=1470kg
エンジン=1597cc直4DOHC16V(無鉛プレミアム仕様)
最高出力=69kW(94ps)/5600rpm
最大トルク=148Nm(15.1kgm)/3600rpm
メインモーター最高出力=36kW(49ps)/1677〜6000rpm
メインモーター最大トルク=205Nm(20kgm)/200〜1677rpm
サブモーター最高出力=15kW(2ps)/2865〜10000rpm
サブモーター最大トルク=50Nm(5.1kgm)/200〜2865rpm
駆動用バッテリー総電力量=1.2kWh
WLTCモード燃費=22.8km/リッター(燃料タンク容量50リッター)
(WLTC市街地/郊外/高速道路:19.6/24.1/23.5km/リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トーションビーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=215/55R18+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.5m

主要装備:アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)/レーンセンタリングアシスト/アクティブエマージェンシーブレーキ/360度カメラ/前後+サイドパーキングセンサー/ブラインドスポットワーニング/オートハイビーム/トラフィックサインレコグニション/リアクロストラフィックアラート/前席&サイド&カーテンエアバッグ/LEDヘッドライト/プライバシーガラス/18インチアルミ/10.2インチフルデジタルインパネ/本革巻きステアリング/ステアリングヒーター/レザー&スエード調シート/前席電動調節機能&シートヒーター/アルミペダル/7㌅マルチメディア(スマートフォンミラーリング機能付き)/オートAC/アンビエントライト/自動防眩式ルームミラー/LEDマップ&ルームランプ/ルノーマルチセンス(走行モード切り替え)/オートライト/フロント雨滴感知式ワイパー/電子制御ドッグクラッチマルチモードAT
ボディカラー:オランジュバレンシアメタリック
※価格はすべて消費税込み リサイクル費用は1万4130円
撮影協力/マースガーデンウッド御殿場

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る