• TOP
  • 【ネオクラシック体験隊】「WRC王者」のイメージを投影。抜群に楽しいホットハッチ、プジョー206RCの刺激世界

 ー 

【ネオクラシック体験隊】「WRC王者」のイメージを投影。抜群に楽しいホットハッチ、プジョー206RCの刺激世界

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 Photo:小久保昭彦

2004年式プジョー206RC 新車時価格:5MT 294万円

2004年式プジョー206RC 2000年から3年連続でWRCチャンピオンに輝いた206WRCのイメージを投影したホットモデル ハイチューン2リッターユニットを搭載し各部を専用チューニング パワーウェイトレシオは6.27kg/ps 駆動方式はFF
2004年式プジョー206RC 2000年から3年連続でWRCチャンピオンに輝いた206WRCのイメージを投影したホットモデル ハイチューン2リッターユニットを搭載し各部を専用チューニング パワーウェイトレシオは6.27kg/ps 駆動方式はFF

206は傑作コンパクトであると同時にWRCファイターだった!

 1998年のパリ・サロンでデビューしたプジョー206(日本販売は1999〜2007年)は、プジョーの名声を高めた傑作コンパクトであると同時に、WRC(世界ラリー選手権)を席巻したファイターだった。

 1999年にWRC参戦を開始すると、俊敏な操縦性と強力なパワーでライバルを圧倒。2000年から3年連続でWRCチャンピオンに輝いた。プジョーは、1980年代にもグループBの205ターボ16で2年連続WRCチャンピオンを獲得、さらに世界で最も過酷といわれたパリ〜ダカール・ラリーでも1987年から4連覇するなどラリーフィールドで豊富な経験を持つ名門である。
 そのプジョーが手がけた206は速くて当然、まさに勝利のためのマシンだった。

 206には、「WRC王者」のイメージを投影したスペシャルモデルが存在する。2003年に登場した206RCである。RCは、S16をベースにしたホットモデル。
 注目点はグッとパワフルに変身したエンジンだった。2リッターDOHC16Vのパワースペックは177ps/7000rpm、202Nm/4750rpm、S16比で40ps/8Nmも力強く、それに対応してトランスミッションも特別仕立てになっていた。5速MTは、1速のギア比を高めたクロースレシオ仕様。7000rpmまで引っ張ると1速77km/h、2速103km/h、3速142km/h、4速184km/h、5速225km/hまで伸びる。
 一方、フロントがストラット式、リアがトレーリングアーム式の足回りは、フロントアームを鍛造に変更、リアには2本のタイロッドを追加。剛性を大幅に高めた。

206RCは速さとハンドリングを楽しむドライバーズカー 小柄なサイズだけに扱い勝手は抜群 日本では2003年10月から販売がスタート
1997cc直4DOHC16V 177ps/7000rpm 202Nm/4750rpm RCは基本的に共通エンジンを積むS16比40ps/8Nmパワーアップ レブリミット7300rpm 取材車は社外エアクリーナー装着

意のままの走り。206RCは走るほどに魅力が際立つ!

 対面した2004年モデルは、適度にレーシーな雰囲気を発散していた。前後バンパーをプジョースポーツライン製に交換し、WRCマシンと共通イメージのOZ製アルミを装着していたからだろう。サポート性に優れたバケットシートに身を落ち着け、イグニッションON。2リッターチューンドユニットは心地よい排気音とともに瞬時に目覚めた。

 走りは痛快。エンジンは豪快に吹き上がり小柄なボディを瞬時にスピードの高みに引き上げる。節度感のあるシフトフィールと相まって、まさに意のままに走る。
 ただし、当初の興奮が収まると、RCが決してピーキーなクルマではないことに気がついた。エンジンの最高出力回転数は7000rpmに設定されているが、中低回転域から豊かなトルクを発生。GTカーとしても十分な柔軟性を持っている。
 乗り心地は意外に良好。それなりにスパルタンだが、決して不快ではない。

 WRCは公道で競うスポーツである。エンジンパワーだけでなく、操作性や快適性を含めた総合性能が勝利を引き寄せる。RCに乗って、改めてプジョーのスポーツモデル作りの奥深さを知った。
 206RCは、走るほどに魅力が際立つ、超一級のホットハッチである。

RCは足回りも専用設定 フロントアームを鍛造性に変更 リアには2本のタイロッドを追加
206RCは左ハンドル仕様 メーターフードを本革/各部をアルカンターラで仕上げた室内はスポーティで上質 ドライビングポジションは適度に低くペダル配置は適正 運転しやすい
前席は肩までしっかりサポートするバケット形状 後席は2名掛け 足回りは硬めの設定 スパルタンだが不快なイメージは薄い 乗車定員は4名
メーターは機能的な4連デザイン 速度計は250km/hスケール 中回転域からパワーを実感
5速MTは1速のギア比を高めたクロースレシオ仕様 シフトフィールは確実なタッチ
取材車は前後バンパーを希少な純正opアイテムに交換 レーシーな雰囲気
RCは専用ルーフスポイラー標準 さりげなく高性能をアピール
205/40ZR17タイヤ+アルミ WRCマシンと共通イメージのOZ製スポークアルミ装着

プジョー206RC 主要諸元

グレード=206RC(2004年式)
新車時価格=5MT 294万円
全長×全幅×全高=3835×1675×1440mm
ホイールベース=2440mm
トレッド=フロント:1445×リア:1435mm
車重=1110kg
エンジン=1997cc直4DOHC16V(プレミアム仕様)
最高出力=130kW(177ps)/7000rpm
最大トルク=202Nm(20.6kgm)/4750rpm
10・15モード燃費=未公表(燃料タンク容量50リッター)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:トレーリングアーム
ブレーキ=フロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク
タイヤ&ホイール=205/40R17+アルミ
乗車定員=4名
最小回転半径=4.9m

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る