ー 

ベントレーがコンチネンタル・シリーズに最速バージョンのGTマリナーW12を設定

Writer:大貫直次郎 

ベントレーGTスピード譲りの6リットルW12エンジンと強化シャシーを採用した新しいコンチネンタルGTマリナーが登場。0→100km/加速は3.6秒、最高速度は335km/hを達成

 英国ベントレーは2022年6月21日(現地時間)、ラグジュアリークーペ&コンバーチブルのコンチネンタルGTに最速バージョンの新しいGTマリナーW12(GT Mulliner W12)を設定すると発表。合わせて、実車を本年6月23日~26日に英国で開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(Goodwood Festival of Speed)」において初披露するとアナウンスした。

▲ベントレー・コンチネンタルGTマリナーW12  GTスピードに採用する高度なシャシー技術や改良版の6リットルW12エンジンを採用。最高速度は335km/h、0→100km/h加速は3.6秒を実現

 ベントレー自ら「コンチネンタル・シリーズのなかで最も速く、最もダイナミックで、最もラグジュアリー」と謳うGTマリナーW12は、同ブランドの高性能グランドツアラーであるGTスピードに採用する高度なシャシー技術や改良版の6リットルW12エンジンを流用したうえで、マリナーを名乗るにふさわしいスペシャルな内外装デザインを纏ったことが特徴だ。製造はベントレーのビスポーク部門のマリナーが担当し、ボディタイプはクーペとコンバーチブルの2タイプを設定する。

▲48Vのアクティブアンチロール制御システムのベントレー・ダイナミックライドやアダプティブダンピング付3チャンバーアクティブエアサスペンション、エレクトロニック・リミテッド・スリップ・デファレンシャル(eLSD)などの高度なシャシー技術を組み込む

 肝となるパワーユニットには、チューンアップを図った6リットルW型12気筒DOHC直噴ガソリンツインターボエンジンを搭載。最高出力は通常のW12エンジン比で+24psの659ps、最大トルクは900Nmを発生する。トランスミッションには専用セッティングの8速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)をセット。性能面では、最高速度が335km/h、0→100km/h加速が3.6秒を実現した。
 高性能エンジンを支えるシャシーには、高速走行時のハンドリング性能と安定性、そして低速時の取り回し性を向上させたエレクトロニック・オールホイール・ステアリングを採用。合わせて、48Vのアクティブアンチロール制御システムのベントレー・ダイナミックライドやアダプティブダンピング付3チャンバーアクティブエアサスペンション、エレクトロニック・リミテッド・スリップ・デファレンシャル(eLSD)をステアリングに連動させ、操舵フィールや機動性を向上させる。一方、駆動機構には前後トルク配分とトラクション制御のプログラムの見直しを図ったアクティブAWDを採用。乗り心地重視の「コンフォート」、走り重視の「スポーツ」、乗り心地と走りを絶妙にバランスさせたベントレーシャシーチームが推奨する「ベントレー」といった各ドライブモードの制御において、動的性能をより最適化させた。

▲新しい“ダブルダイヤモンド”マトリックスグリルを装備

 エクステリアについては、新しい“ダブルダイヤモンド”マトリックスグリルや、同じシルバーとブラックで彩った“MULLINER”ロゴ入りフロントフェンダーベント、独自のアレンジを施したパドルライトパターン、“MULLINER”テキスト入りの照明付きドアシルなどを専用装備。アクセントカラーはブライトクロームのほか、グロスブラックのマリナー・ブラックライン仕様を設定する。さらに、サテンシルバーまたはブラックのミラーキャップの下にはマリナー・ウェルカムランプを配備。足もとにはブラック塗装の22インチアロイホイールを組み込み、セルフレベリングBバッジにはクロームのリングを付属した。

▲独自のアレンジを施したパドルライトパターン
▲サテンシルバーまたはブラックのミラーキャップの下にはマリナー・ウェルカムランプを装備
▲ブラック塗装の22インチアロイホイールを装着。セルフレベリングBバッジにはクロームのリングを付属

 インテリアに関しては、マリナーならではの豪華で魅力的な内容を継承。マリナーが提供する豊富なカラーから好みの色を選択できるほか、多様なレザーとステッチをベースにマリナーが勧める3色コンビネーションも8種類用意する。また、シートとドアトリムとリアクォーターパネルはベントレー独自の“ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド”キルトで彩り、コントラストとアクセントがきいたステッチがダイヤモンド模様を美しく演出。キャビン全体に施されるステッチは約40万針で、1つのダイヤモンド模様に712針、その一針一針がダイヤモンド模様の中心部に向かって正確に配列される。さらに、インパネには“MULLINER”ロゴを入れ、合わせてシートのヘッドレストには“MULLINER”テキストを刺繍。そして、LEDインストルメントクラスターのメインメーターにはスキューモーフィックデザインとデジタルテクスチャの適用によって本物の金属のように見えるバーチャルダイヤルを、センターコンソールにはファセットパターンを形成する独自のダイヤモンド・ミルト・テクニカル・フィニッシュを採用した。

▲インテリアはマリナーならではの豪華で魅力的な内容を継承。シートとドアトリムとリアクォーターパネルはベントレー独自の“ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド”キルトで彩る
▲LEDインストルメントクラスターのメインメーターにはスキューモーフィックデザインとデジタルテクスチャの適用によって本物の金属のように見えるバーチャルダイヤルを採用
▲インパネに“MULLINER”ロゴを入れる
▲シートのヘッドレストには“MULLINER”テキストを刺繍

 なお、従来から設定する4リットルV8ツインターボエンジン搭載のGTマリナーV8は、販売を継続する。

▲コンチネンタルGTマリナーW12の実車は「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で披露される

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報

Rankingランキング

Informationインフォメーション

自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2022年8月号

  • 【特集1】買って後悔しないクルマ
  • 【特集2】いまどきのクルマの買い方
  • 【連載】クルマの通知表

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

Special Magazine別冊

SUV YEAR BOOK 2022

  • 【特別企画】電動車のあるエコロジー&エコノミーな生活
  • 【特別企画】生活を豊かにする新ラグジュアリーSUVの真価
  • 【特集】国産・輸入SUVオールアルバム

SUV YEARBOOK 2022 CAR and DRIVER特別編

詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る