ー 

急な雪にも慌てない、注目のオールシーズンタイヤが登場

Writer:伊藤治彦 

 住友ゴム工業は10月1日、ドライ路面やウエット路面に加えて、雪道でも走行可能なオールシーズンタイヤ、ダンロップ「ALL SEASON MAXX AS1」(オールシーズン マックス エーエスワン)を発売する。

2019_063_01b_1.jpg

▲ダンロップ「ALL SEASON MAXX AS1」 発売サイズは21サイズ 価格はオープン

 新開発の「超マルチコンパウンド」を採用し、ドライ路面、ウエット路面から雪道まで、様々な路面で確かなグリップ力を発揮。急な雪にも慌てないですみ、ユーザーにとって非常に心強いタイヤの登場だ。

「幅広センターリブ」の採用がドライ路面を正確に捉え、夏タイヤと同等の操縦安定性を実現。また「Vシェイプ主溝」が優れたウエットブレーキ性能を発揮するという。さらにトレッドパターンの工夫で、同社夏タイヤ(エナセーブEC204)に近い静粛性(パターンノイズ)や、ロングライフも実現している。
 急な雪にも慌てない、長持ち、夏タイヤ、という至れり尽せりな魅力を持つのが特徴だ。

■雪道で慌てない高い走行性能を実現

MAXXAS1_1.jpg
 このタイヤのために開発した「超マルチコンパウンド」は、常温で夏タイヤと同程度の硬さを持たせながら低温下でも硬くなりにくい特性を持ち、様々な路面で確かなグリップ力を発揮。また、横方向の溝「スイッチ グルーブ」をセンター部分に設け、溝の交差ポイントを増やし雪をしっかり踏み固める。これにより力強いトラクション性能、ブレーキ性能を実現。雪上ブレーキ性能は同社夏タイヤに対して49%の向上を果たした。しかも、スノーフレークマークが刻印され、高速道路の冬用タイヤ規制でも走行できる。


■雪上ブレーキ性能(指数表示)

MAXXAS1_2.jpg

※試験結果はあくまでテスト値であって運転の仕方によって異なります。

■夏タイヤ同等の操縦安定性を実現

MAXXAS1_3.jpg
 アスファルト路面を正確に捉えることで夏タイヤ同等の操縦安定性を実現する幅広センターリブを採用。ブロックを細分化し、路面からの入力を緩和することで高い静粛性を実現した。

※試験結果はあくまでテスト値であって運転の仕方によって異なります。


■安心感のあるウエット性能を実現

MAXXAS1_4.jpg
 水膜をタイヤ側面に効率良く排水し、水膜の侵入を防ぐ「Vシェイプ主溝」を投入。さらに、排水容積を確保する深溝設計を採用し、同社夏タイヤ比でウエットブレーキ性能は10%向上している。

■ウエットブレーキ性能(指数表示)

MAXXAS1_5.jpg

※試験結果はあくまでテスト値であって運転の仕方によって異なります。

■ロングライフ性能を実現
 深溝設計と新開発コンパウンドにより同社夏タイヤ以上のロングライフを実現した。

MAXXAS1_7.jpg
★=EXTRA LOAD規格(負荷能力強化タイプ)

■問い合わせ
ダンロップ タイヤお客様相談室
フリーダイヤル 0120-39-2788
開設時間:月~金(祝日は除く) 9:00~12:00 / 13:00~17:00

1

Related Articleアイテム・パーツもっと読みたい

What's News最新情報

Press Releaseプレスリリース

プレスリリース全てを見る

Informationインフォメーション

クラウドローン
自動車保険一括見積もりご利用で選べるぐるめカード(550円分)全員にプレゼント!
会員登録 受付中

Rankingランキング

New Magazine最新号

CAR and DRIVER
2020年10月号

  • ・新車速報 新型SUBARUレヴォーグ
  • ・新車試速報 新型ホンダe
  • ・特集 最新コンパクト・クロスオーバーSUVの世界

CAR and DRIVER(カー・アンド・ドライバー)最新号

最新号の詳細はこちら

New Car新車紹介

新車紹介全てを見る